文芸酒場 双月亭

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

瑞穂支店オープンのお知らせ

 Mottieさんのご厚意でロイヤルシティー至近の好立地の土地を譲って貰いました。
交友関係も多く、またUO書籍関連が活発な瑞穂にも支店を出したいと考えており、その為に適当な立地の土地を探しておりましたが、ついにそれが実現しました。

 営業日についてですが、瑞穂はあくまで支店であり、本店の出雲をメインで続けたいと考えておりますので、現状では月一回の営業を目標とした不定期営業とさせて頂きます(現地スタッフなどを確保出来れば、通常営業も考慮したいとは考えております)。

 記念すべき第一回目の営業は、5/2(月)23時~24時とします。皆様のご来店お待ちしております。

 場所はテルマームーンゲートから南下してすぐ。外観と座標を掲載しておきますので、こちらを目印にご来店下さい。


【外観】

 
瑞穂支店外観


【店内】


瑞穂支店内部


【座標】


瑞穂支店座標




スポンサーサイト
別窓 | 施設案内 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

酒の泉が!!

昨日、酒の補充をしようと店の隣にある泉に向かうと……


UO(100825-222348-01).jpg


泉が枯れてる!?

夏の暑さかはたまた何かよくない事の前触れでしょうか……
住み着いていたカエル・不蛙が干からびかけていたので、ひとまず備蓄の酒に入れて緊急避難させておきました。とはいえ、狭いところに押し込められていて、元気になるとも思えません。同じような環境でもっと広い場所だと生きていけるのでしょうが、そんな都合のいい場所がこの世界にあるのでしょうか……

8/26(木)23時より、不蛙をどうするかについてご相談したいと思いますので、お時間のある方は双月亭までお越し下さい。



別窓 | 施設案内 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

壱の市会場にソウルフォージが設置されました

6/5に開催されたPCマーケットベスパー壱の市会場に、ソウルフォージが設置されていました。ベスパー行商組合様にかねてより設置の提案を出していましたが、ついに導入されたようです。


UO(100605-224558-00).jpg


IZUMO BBS様など情報サイトのいくつかにもソウルフォージ設置の告知を出しておられたので、当日も錬成行商を出店されていた方もいらっしゃいました。双月亭では錬成スキルを活用した対面販売の復権以前から提唱しておりましたので、このように実際に出店して下さる方がおられるのは、非常にありがたいです。


UO(100605-224853-01).jpg


私がソウルフォージを眺めていると、DetecterさんとSPOOKYさんが会場巡回に来られました。私が挨拶とソウルフォージ設置の御礼を述べた所、設置場所の変更を検討しているとの事。確かに行商スペースからはやや離れていたり、NPC銀行員に声が届かないなど、まだまだ課題は抱えているようです。今回は試験的に設置しており、会場のレイアウト全体の変更も含め、よりマーケットが活性化するような方向に修正して行きたいとお考えのようです。

前回の壱の市には私のリアル都合で参加が終了間際になってしまいましたが、今後は私も積極的に錬成行商を行っていきたいと考えております。生憎まだスキルを上げきっていませんので、そこまでハイレベルな錬成品を作成する事は出来ませんが、秘薬低減100%装備などでしたら作成する事は可能です。壱の市で錬成行商を行う際はサイトなどを中心に告知していく予定ですので、皆様どうぞご利用下さい。また錬成スキルを活かした対面販売をご検討の方は、ぜひ壱の市などをうまく活用して下さい。錬成行商を行う方が多ければ多いほど他のプレイヤーの方への認知度が高まり、新たなビジネスチャンスや人間関係の構築が出来ると思いますよ。


****************************************************************************


↓以下は、錬成行商に関する私なりに考えてみた考察です。
別窓 | 施設案内 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

酒の泉のチェスセット

第22回ショップ・タウンアワードコミュニティ部門賞入賞記念として、今回もGM設置物を頂戴しました。


UO(100324-220553-00).jpg


チェスセットとカウンターです。

このセットはNPC本「My Story」のワンシーンを再現したもので、ロード・ブリティッシュとロード・ブラックソンがチェスをしながら政治にまつわる会話をしていた、という故事が由来になっています。カウンターは飲み物を置く為と、原典となった「My Story」を設置する為に、追加して頂きました。


UO(100324-220602-01).jpg


「My Story」はネズミのシェリーが書いたとされる本です。
ロード・ブリティッシュとロード・ブラックソンはチェスをしながら政治の話をするのを日課としていました。ところがある日、ブリティッシュはタイムロードから衝撃的な事実を告げられました。

「この世界は宝珠の砕けた破片=シャードに過ぎない。破片を組み合わせて一つにしないと、闇の勢力(シャドーロードなど)の侵入に対抗できない。オリジナル世界に存在した人間はそのまま統合されるが、破片世界にしかいない人間は消滅する。より大きな幸福の為には、小さな犠牲はやむを得ない」

この話を裏で聞いていたブラックソンは友人であるブリティッシュに、到底受け入れられないものであると憤慨します。ブリティッシュは目の前のチェスボードから駒を取り、「キングを護る為にはポーンを犠牲にしなければならない事もある」と言いますが、「ポーンであっても、 家に帰れば生活もあれば恋もします」とブラックソンは反論。二人はチェスを始めましたが、その決着はつかなかったそうです。

翌日ロード・ブリティッシュは八徳政策の実施を宣言し、全国に徳のガードを設置しました。これに対し、ロード・ブラックソンは自らの居城でカオスの徳の提唱を行い、カオスガードの設立を宣言します。こうして二人の友人は異なる道を歩むようになり、やがては哀しい結末を迎える事になります。


UO(100324-220734-02).jpg


チェスボードは通常通りプレイする事ができます。どなたでも使用可能ですので、酒の泉に浮かぶ月を眺めながら二人の男のようにチェスを楽しんでみてはいかがでしょうか?


別窓 | 施設案内 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

カエル命名コンテスト

当店の酒の泉に、カエルが住み着くようになりました。


UO(090829-095152-00).jpg


当初は様子を見ておりましたが、特に害があるようでもないので、
このままにしておこうかと思います。
そうなるとせっかくなので名前をつけてやろうかとも思いますが、
どうにもいい名前が思い浮かびません。

そこで、皆さんにカエルの名前を応募してみようと思います。


<カエル命名コンテスト>

期限:9/8(火)の営業日まで
応募方法:カエルの名前とその由来をまとめた内容を記載した本(a book)を当店に持ち込む


皆様のご応募、お待ちしております。

別窓 | 施設案内 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 文芸酒場 双月亭 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。