文芸酒場 双月亭

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

暁の女王とその夫の眠りし地へ

瑞穂でドーン女王の告別式に参列してきました。


MIZUHO.jpg


墓前には各都市名の入ったランタンが置かれています。
もしやと思い、出雲の墓を見てみると、


IZUMO.jpg


ランタンがありません。
そう、このランタンはベイン軍の侵攻から防衛成功した各都市の名前が刻まれているのです。奮戦虚しく全都市陥落した出雲には残念ながらランタンが置かれませんでした。

他のシャードの様子も見てみましょう。


【飛鳥】


ASUKA.jpg


【北斗】


HOKUTO.jpg


【倭国】


WAKOKU.jpg


【無限】


MUGEN.jpg


各シャードで墓前に黒い穴が空いている所と空いていない所があります。告別式は二日間に渡って3シャードずつ執り行なわれたので、前半のシャードと後半のシャードとで設置に若干の違いが出たのでしょうか。


大和と桜ですが、こちらは少し様子が違います。


【大和】


YAMATO.jpg


【桜】


SAKURA.jpg


これは大和と桜はEM管轄シャードであるので、今後EMの方によって装飾が施されるものだと思われます。特に桜ではドーン女王とオルスの墓碑銘を募集されているそうなので、特に桜シャードをメインに活動されている方は応募してみてはいかがでしょうか(締切りは3/11)。



スポンサーサイト
別窓 | 営業外活動 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

対ベイン戦促進本『勇気の鐘』配布中

現在、出雲はベイン軍による侵攻で主要都市が全て陥落しています。
この状況を憂い、一冊の本をしたためました。
それがこの『勇気の鐘』です。


UO本版「勇気の鐘」


ヘイブンやルナなど非侵攻都市やブリテインなど侵攻済の都市を中心に配布しております。
ご入用の方はそちらで入手されるか、あるいは双月亭にお越し頂いて直接お申し付け下さい。

貴方の心の勇気の鐘は未だ鳴っていますか?


別窓 | 営業外活動 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

訪れた『モノ』

「じゃあみんな、お疲れ様。いつもどおり店の施設は自由に使っていいよ」

閉店時間を過ぎても未だ店内に残る客達に対しそう言い残して、Yuhは自室へ戻った。

酒の泉が枯れ出したというトラブルがありながらも、沢山の客に恵まれている。
商売繁盛なのは結構な事だが、やはり泉の問題は何かしら解決せねばなるまい。

「しかし、今日はもう眠い……明日起きてからでもい……」

そう言い終わる前に、彼はベッドへと倒れ込んでいた。


*****************************************************************************


「ふああ……しまった、そのまま寝てしまってたか」

寝ぼけ眼をこすりながら、Yuhは起き上がった。
窓の外に目を向ければ、まだ漆黒の帳が店を包んでいる。

「変な時間に目が覚めてしまったな。まあ、いい。少し外の空気を吸うか」

そう言いながら、下の階に降りる。
起き抜けに酒はさすがにどうかと思うので、水を飲みながら店外へと出た。

「そうだ、酒の泉の事を調べようとしてたんだった。ちょっと様子を見に行くかな」

Yuhがグラスを片手に泉の方へと向かうと……
一瞬にして空が青く、光が視界に拓けた。

「は?どういう事だ!?一瞬で夜から昼になったぞ!」

驚いて少し後ろに退いたところ、再び夜になった。

「これは一体……」

再び前に足を踏み出すと、また昼になる。
いや、違う。昼になったのではない。

「この建物が闇に覆われているんだ!!」

そう叫んだYuhの胸に嫌な予感がよぎった。
Yuhが店の西側にある謎の大穴に向かうと……

この世のものとも思えない獣の咆哮が、大穴から轟いていた。


*****************************************************************************


WS000000.jpg




別窓 | 営業外活動 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

北斗芸術祭と飛鳥屋台街で小説行商

5/15に開催された二つのお祭りで、小説行商をしてきました。


UO(100516-094937-00).jpg


まずは北斗芸術祭から。
会場には一部で話題となっていた、謎のオブジェが設置されていました。
結局あれは何だったのか、運営の方と話をしたのに聞きそびれてしまいました。
誰か知ってる方いらっしゃいますか?


UO(100515-223345-00).jpg


Hifuyuさん、Fellowさんが既に行商していたので、横に並んで行商開始。既刊一式を持っていったのですが、さすがに文化系に特化したイベントだったので、一式まるごとお買い上げのお客様がたくさんおられ、用意していた本があっという間に底を尽いてしまいました。何度か街まで買出しに行ったり、Hifuyuさんに空本を譲って頂いたりで、なんとかしのぎました。


23時半を過ぎたので、飛鳥屋台街に移動します。


UO(100516-095043-01).jpg


会場に移動すると、謎のゲートが。見れば、「特設ゲート」と書いてあります。ゲートを潜ってみると……


UO(100516-095101-02).jpg


川の上に設置されていたステージへと移動出来ました。これはすごい。さすが100回記念開催だけあって、設置物にも気合が入っています。参加していた方も非常に多く、マシン環境によっては移動も困難な方もおられたようです。昔のブリ銀を思い出しますね。


UO(100515-234906-03).jpg


行商スペースも設置されていたのですが、売り子さんもものすごく多かったので、運営の方に机と椅子をお借りして、千鳥美人の前で行商開始。Hifuyuさんとnarasさんの間に入って行商しました。後にFellowさんも来られたので、またも本屋街状態になっていました。こちらでも一式まるごとお買い上げの方が多く、やはり大きいイベントでやると効果バツグンだなと改めて実感しました。


非常にバタバタしておりましたが、概ね大成功だったと言っていい行商でした。


別窓 | 営業外活動 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

UBBMで小説行商

昨日はUBBMに参加する為に、飛鳥へと行って参りました。


UO(100508-230852-02).jpg


UBBMは既に47回を迎え、非常に長く続いている書籍販売イベントです。大抵はTユーのエンパスアビー内で開催しております。私は先日の壱の市で新たな著作リストに加えた『失われし王国』と、今まで飛鳥では書籍化していなかった作品一式を完成させ、こちらを販売しておりました。運営のつよりさんと始め、何人かの方が一式まるごと買い上げて下さるなど、それなりにご好評頂けたようです。

閉会後にはTwinsさんの飛鳥店へと向かい、ポストに本を投函しておきました。いつか飛鳥店さんでもベンダー販売されるかと思いますので、飛鳥の皆様もよろしくお願いします。

また、閉会式ではつよりさんが、「UO作家の人達を集めて座談会を開きたい」とおっしゃっていました。UBBMに参加していたメンバーを中心にどのように実施するかなどを検討しております。詳細が固まり次第発表があるかと思いますので、ご期待下さい。

別窓 | 営業外活動 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 文芸酒場 双月亭 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。