文芸酒場 双月亭

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

劇団風 卒業記念公演参加

大和の誇る老舗劇団、風さんの公演、『騎士の誓い』に行って来ました。

物語はブリタニアとは異なるある国で交わされた、王と騎士との約束を描いております。

UO(080525-223639-02).jpg   UO(080525-224858-06).jpg


実はこの作品、昨年に桜公演で既に一度観ていたのですが、
再度観てもやはりよく出来たストーリーで、いいものは何度観てもいいものだと感じました。

以前、劇団チロルさんの公演の時にも書きましたが、
劇団風の魅力はその重厚なストーリーにこそあると思われますが、
この演目はまさに風さんの面目躍如、といった内容であると思います。

さて、タイトルに『卒業』とついているのは、
団員のお一人で今回の作品では騎士キシュワードを演じておられた
PatyさんのUO休止による記念公演だったからです。

UO(080525-231355-14).jpg   UO(080525-231450-16).jpg   UO(080525-231751-21).jpg


Fellow座長からの送辞と、それに応えるPatyさんの答辞は、非常に素晴らしいものでした。

『皆さんはこの世界を愛していますか?』

シンプルな問い掛けですが、なんと深い言葉なのでしょうか。
この世界に飽いたり絶望したからではない、前向きな理由での休止だからこそ
生まれた言葉であるといえるでしょう。

最後はPatyさんのリクエストで、全員で舞台に上がって記念撮影。
こんなに人がいたんですねぇ。 

UO(080525-232854-23).jpg


最後になりましたが、これからのPatyさんのお幸せと劇団風さんの
ますますの発展をお祈り申し上げます。

スポンサーサイト
別窓 | 営業外活動 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

劇団チロル公演「シンデレラ」観劇

5/11(日)に上演された劇団チロルさんの「シンデレラ」を見に行って来ました。

劇団チロルさんは飛鳥シャードで活躍されている劇団で、
小道具の使用方法や演出に定評のある事でも有名です。

今回の上演では舞台衣装を一般公募されており、
上演の前に受賞した方の表彰式も行われました。
舞台衣装で使われるだけあって、どの衣装も素晴らしいものでした。


UO(080511-223803-00).jpg


ストーリーについては誰でも知っている内容だから退屈かも…と思った方は、


完 全 に 裏 切 ら れ ま す 。



UO(080511-224856-02).jpg   UO(080511-225417-03).jpg   UO(080511-233858-08).jpg

詳しい内容に関してはあえて省きますが、舞台演出の妙とオリジナリティ、
小道具の適切な使用方法などは、見事と言う他ありませんでした。

ちなみに私、これまでチロルさんの上演を何度か見た事があるのですが、
これまでは屋外での上演ばかりでした。
無論、そこでも小道具の演出などは優れたものがあったのですが、
今回はカスタマイズハウスを使用した上演であり、
その特性を完璧に活かしきった内容であったと思われます。

私が勝手に「日本シャード三大劇団」と呼んでいる、
「劇団チロル」さん、「劇団風」さん、「劇団アルカナ」さんは、
それぞれに特色があって、どこも見逃すのが惜しい舞台ばかりです。

チロルさんは先にも述べたように演出と小道具の使用方法が優れていますし、
風さんはシナリオの濃厚さでは定評があります。
アルカナさんは上記2劇団と完全にスタイルを異にしており、
観客も巻き込んだ全員参加型の上演となっております。
いずれも素晴らしい劇団ばかりですので、是非一度ご覧下さい。

なお、劇団風さんが5/25に大和シャードにて公演を予定されています。
団員の方の卒業記念を兼ねているそうなので、どうぞ足をお運びください。

別窓 | 営業外活動 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

壱の市で小説行商

5/10(土)に開催された、第51回ベスパー壱の市で小説の行商をしてきました。

主催であるベスパー行商組合のSPOOKY翁に頼んで書店市の併設を実現したものの、
開催から一度も行けてなかったので、今回こそは何とか頑張って参加してきました!
市の数日前に行われたスプーのじいさまの誕生日祝いで作成した「じさまセット」を
着込んでいったのですが、じさまはちゃんと着てくれてました。
さらに双月亭の宣伝もしてくれたのですが、じさま自体がウチの具体的な営業時間とかを
イマイチわかってなかったようなので、自分で宣伝しておきました。

UO(080510-210359-00).jpg


当初は新刊を間に合わせて販売するつもりでしたが、UO本に流し込んで推敲をすると
どうも出来がイマイチだったので、既刊を販売する事にしました。

「既刊だから欲しい人は大概持ってるだろうな。あんまり売れないだろうから、
注文が来たらその場で書写して売るようにしよう」
と思っていたのですが、思ったより注文があったので、大満足です。

まあ、もっとも開会式の時に来ていたじさまコスのままで販売していたので、
皆さんがじさまと勘違いしただけかもしれませんが。
(その代わり、キチンと雪球は投げつけられてた)

UO(080510-210807-03).jpg


あと、最近狩りにいってなかったのとシャード間換金を行ったので、
メインシャードでありながら資金難に陥るという苦境に陥ってたのですが、
フェルッカ通商連合のバラード会長と
Shop つけまいのつけまいさんに窮乏を訴えた所、
お二人で合計フロストウッド4000枚を買い取って頂きました。
おかげでかなり懐が暖かくなりました。
バラード会長、つけまいさん、ありがとうございます。
さすが、出雲の2大有名ショップの店長さんです。
貧乏人の私とえらい違いですね。

皆さん、出雲で買い物する時はだすた~堂とショップつけいまいをよろしくお願いします!
(宣伝)

UO(080510-215933-09).jpg


さて、そうこうする内に終了の時間となりました。
閉会式で私がじさまの誕生日があった事を話すと、
じさまの周囲にプレゼント(じさま曰く、「貢物」)が積み上げられていきました。
まあ、意味不明のものも多かったですが。
(というか、ほとんどそうだった)

しかし、さすがじさま。ヘコたれるどころか、ポーズを取ってます。
各シャードのイベント主催者の中でもトップクラスに愛される由縁でしょうね。

UO(080510-230935-16).jpg


さて、閉会式も終了したのですが、何故か劇団風のフェロー座長や
敏腕ブロガーの久遠さんと一緒に話してます。何をやってるのでしょうか?

冒頭で、「新刊が書けなかった」と書きましたが、実は1冊の本にはまとまっていたのです。
ただ、売り物に出来るレベルではなかったので、何人かの方に無料で配布し、
その代わりに感想を聞かせてもらうように依頼していたのです。
フェロー座長や久遠さんはその感想や修正部分を色々教えて下さっていました。

で、やはり自分が思ったとおりの部分が指摘されて、非常に参考になりました。
何とか5/24の北斗芸術祭には間に合わせたいと思います。
もちろん、出雲の新刊ベンダーにも入れますので、もうしばらくお待ちください。

UO(080510-234931-20).jpg



別窓 | 営業外活動 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 文芸酒場 双月亭 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。