文芸酒場 双月亭

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

本棚復興集会@Mzh&Izmレポート

9月19日(金)と同21日(日)は、瑞穂のMottieさんと共に、
それぞれのメインシャードで本棚復興集会を開催しました。


本棚復興集会とは、先のパブリッシュで失われた街の本棚にあったPC本を再び蘇らせよう、
という企画です。詳しくは、こちらをご覧下さい。


さて、まずは先に行われた、瑞穂版の方から。


瑞穂ではライキューム東側一番奥の教室に集合し、
Mottieさんが集会の趣旨を説明しています。


UO(080919-233913-00).jpg


説明の後は各自散開して、持参した本を書き込んで行きました。
瑞穂はUO作家の多いシャードに相応しく、たくさんの方が来られており、
各人の手持ちの作品を埋めていくだけでも相当の数の本が埋められていました。


次に、出雲の様子です。


事前に所用が入った為、最悪の場合は出席できないかもしれないので
万が一の時にはMottieさんに司会の代行を依頼していましたが、
なんとか間に合う事が出来ました。


UO(080921-233019-12).jpg


当初は瑞穂シャードメインの方がたくさん来てくださっていたのですが、
若干遅れて出雲民の方も続々と来てくださいました。


出雲では非常に幸運な事に、つい数ヶ月前に私がライキュームの本の大部分を
バックアップとして書写していた為、こちらの本を再び本棚に書き写していく事が
中心となっていました。
(もちろん、作家さんの本を新規に投入する事も、並行して行いました)


UO(080921-234032-15).jpg


このバックアップの中には、既にこの世界から去ってしまった方や
久しく姿を見せていない方の本も存在しており、
「先人達の遺した、貴重な文化の継承」という観点から見れば、
お役に立てたのではないかと思います。


また、High Jinksをはじめとする出雲のPC酒場や各所で
ライキューム復興計画の話をしていたので、
この集会が開催される以前に既に有志の方で復興事業がなされていました。
作業を行って下さった方には、心より御礼申し上げます。


そうこうしている内に、書き込み可能な本への書写が完了しました。
皆さんのご協力のおかげで、非常に速やかに作業を遂行する事が出来ました。


しかし、復興事業はこれで終わりではありません。

この集会はあくまで、街の本棚から本が消えたのを知らしめる事と、
それを復興する意義を唱える為に開催された、
いわばデモンストレーションに過ぎないのです。

大事なのは、今回のように時々でもいいので本棚を覗き、
その都度新しい本を寄贈する事なのです。


そのような事を最後の挨拶とし、集会を終了しました。


UO(080921-234908-18).jpg


当日お集まり頂いた方には、この場を借りて改めて御礼申し上げます。



スポンサーサイト
別窓 | イベントレポート(双月亭主催) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

本日の本棚集会ですが

ちょっと打ち合わせが入っており、参加出来ない可能性が出て来ました。


一応、私が以前に書き写したライキュームにあった
本のバックアップ分はMottieさんにお預けしており、
その本を中心にして復興活動を行って頂ければと思います。


もちろん、ご自分でお持ち頂いた分を書写するのは大歓迎です。
逆に全くの手ぶらで来て頂いても、
その本を手分けして書写して頂ければ大変ありがたいです。
(なにせ60冊近くあるので)


Mottieさんには活動の目的や具体的なやり方はお伝えしてますので、
特に不都合はないと思われますが、
何かご不明な点や私に伝えたい事がある方は、ご連絡下さい。


無論、参加出来るようでしたら必ず参加しますが、
万が一の事を考慮してこのような告知をしております。
関係各所におかれましては不都合をお掛けして申し訳ありませんが、
何とぞよろしくお願いします。

別窓 | お知らせ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

UO本消失事件と、ライキューム復興計画

2008年9月11日。

この日は、UO本を愛好する人にとって、悲劇の一日となりました。


パブリッシュ55導入時に一部の都市でガード圏が消滅するという事態が発生し、
その際に該当する都市にあった本棚から、一切の本が失われました。


UO(080917-214435-00).jpg


これによって、既にUOから離れている人の著作など、
一部の書籍はその存在を永遠に人々に知られる事がなくなってしまいました。


この事態を受け、瑞穂のMottieさんや飛鳥のTrilobitaさんなどを中心に
一部UO本愛好者の間で、「本棚復興計画」が、始動しています。


この計画は、UO本の作者もしくは転載が許可されている本を各自で持ち寄り、
街の本棚にある書き込み可能な本に書写する、というものです。


言葉にすると簡単なように見えますが、既に入手が困難になっている古書や、
市場にあまり出回っていない本などは、長らくUO本を愛好してきた人の協力を得ないと、
とても復活させる事は出来ないでしょう。


また、本棚に書き込み可能な本が出現するかどうかは完全にランダムですので、
一朝一夕で完成するものではありません。
恐らく、1年やそれ以上の、長いスパンで見ていかなければいけないでしょう。


双月亭のある出雲シャードでは、本棚復興計画を更に具体的に絞り、

「ライキューム復興計画」

として、活動していきます。


活動の場をライキュームに特定した理由は、ブリタニアにおける知識や本が集約される
ライキュームを重点的に復興させる事で、活動の象徴的存在としたいという思いからです。
既にライキューム内に、事態の成り行きと具体的な活動内容を著した本を、投下しました。


UO(080916-202122-03).jpg


こちらの本は、Yuhに直接お申し付け頂ければ、無料で差し上げます。


この本による告知の効果なのか、それとも別働で動いている方の心遣いか、
既に一部の本棚には、復興の兆しが見えつつあります。


UO(080916-202049-02).jpg


この調子を維持し、さらにはこの活動を広く人々に知って頂く為に、
来る9月21日(日)23時より、「本棚復興集会@IZM」を開催します。


内容としては有志の方で本を持ち寄り、
各人でライキューム内にある本に書き写していきます。
(公式サイトへ告知の意味で、SSの撮影も行います)
それ以外の行動は自由ですので、
皆さんで書き写した本を読み合うのもよし、
交流の場とするのもよいと思われます。


ちなみに同様の企画が瑞穂シャードでも行われます。
こちらは9月19日(金)に開催されます。

詳しくは、Mottieさんの記事よりご覧下さい。


http://blog.goo.ne.jp/ubmzh/e/6516a3b8c80c983acc27589cc1761eed


なお、不明な点や、長期的なライキューム復興計画にご協力頂ける方は、
よろしければ当店までお越し下さい。
情報交換や同志の方をご紹介する事が出来ると思います。


別窓 | 営業外活動 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

「双月亭 真夏の怪談」イベントレポート

「双月亭 真夏の怪談」にたくさんの方にご来場頂き、まことにありがとうございました。
やや間が開いてしまいましたが、当日ご来場頂けなかった方の為に、
会場の様子をお伝えしたいと思います。


UO(080831-225742-24).jpg


イベント直前の告知でも書きましたが、常時闇夜モードのおかげで、
開始前から既に怖がっているお客様もいらっしゃいました。
会場設営という面では、既に「怖い話をする場所だ」という舞台演出が整っていますので、
「ツカミ」は相当に成功したのではないかと思っています。


今回は、怪談師をお二人招いての上演会となりましたが、その二人の方を紹介します。


UO(080831-220739-01).jpg


宝四季さんは、出雲シャードを中心にステージで歌を歌ったり演劇を手掛けるなど、
幅広い分野で活躍されています。昨年に出雲で開催された文化系イベント、
Britannia Renaissance in Izumo」では、中心的働きをして下さいました。


UO(080831-221149-02).jpg


セシウスさんは、大和シャードで「落ち武者の隠れ家」という酒場を経営しています。
また、当店の店長代理のゆかさんが経営する酒場、「桜夜」の店員でもあります。
本人いわく、「不思議な体験をしばしばする」そうで、
今回の怪談もすべてご本人の体験談だそうです。

お二人とも毎年、ご自分のメインシャードで独自に怪談会を開催しておられていますが、
今年はセシウスさんが大和以外のシャードでも開催したい、という事で
当店にオファーがあり、せっかくの機会ですので、合同怪談会となりました。

ちなみに今回、私は司会役で、開会と閉会と挨拶と、物語の間を繋いでおりました。
(「世にも奇妙な物語」における、タモリ的ポジションですね)


それでは、いよいよ本題の怪談に移りましょう……
(タイトルがピンクの話は四季さん、赤はセシウスさんが語っておられました)


**************************************************************************



第1話 「母の影」


UO(080831-220721-00).jpg


その家はかねてから夫婦仲が悪くけんかの絶えない事で有名でした。

そして大雨の日、それはおこりました。
逆上した夫は妻を殺し、死体を庭に埋めたのです。

そしてこの家庭から母の姿は消えました

なのに……

子供は母親のことを、何も 聞かなかった。

その理由を子供に問いただしてみると……


定番的なストーリーですが、闇の中で聞くと、かなりの恐怖感を与える事ができたようです。


**************************************************************************


第2話 「繰り返す」


UO(080831-222937-11).jpg

私が某S県に住んでいた頃、当時働いていた会社の寮に住んでいました。
寮ですので、会社の先輩もいるわけですが、
仲の良い先輩の様子がおかしい・・・
自称先輩思いの私は先輩にどうしたのか尋ねてみました・・・
「知り合いが・・・自殺した・・・」

自殺した先輩を弔おうと、自殺現場であるアパートに向かったところ、そこには……


自殺した方がどのような思いでいたのか、
生者である我々には想像もつかない話です。


**************************************************************************


第3話 「境界線」


UO(080831-222336-08).jpg



子供の頃のある日、私は気がつくと上も下もない前も後ろもない
そんな感じがする世界にいました。
真っ暗な、どこか明るいようなよくわからない中をしばらく漂っていると、
目の前に銀色の線のようなものが見えてきました。
それには左右どちらを見回しても終わりがないように見えました。

でも、どんなにがんばっても、その線には近づけなかった。

気がつくと……


************************************************************


第4話 「フェイス」


UO(080831-224537-19).jpg


自分のPCが壊れましてね、古いPCを使っていた時期がありました。
メモリが少なかったので、メモリを増設した帰りのことなんです・・・

・・・ふとドライブがしたくなって、少し回り道になるんですが、
ほんの少し内陸の方へいったんです・・・。

その道は山をひとつ越えるんですけどね、
・・・その山・・・
20年くらい前になりますか、

人が殺されてるんですよ。妙齢の女性がね・・・


************************************************************


第5話 「坂の途中の家」


UO(080831-224321-18).jpg


坂の途中に建てられた三軒並んだ古い家にね

その家は三軒とも作りは同じで私の家は三軒のうちのまン中。
両どなりのうち、坂の上にある家は空き家で、下は老夫婦が住んでいた

ことの起こりは、冬のある夜のことだった

すごい音とショックに驚いて私たち一家が外へ出てみると、
下の老夫婦が住む家はタクシーが突っ込んで崩れていた

「す…みません救急車呼んで…くだ…さい」

大怪我をしたタクシー運転手がそうつぶやきながらよろめいてさまよっている

家は完全に崩れ落ちてて老夫婦は下敷きになって即死

タクシー運転手は隣の空き家で首をつった姿で発見されたんだって
あとで聞いたことのてんまつだけど…


************************************************************


第6話 「重なる……」


UO(080831-225242-23).jpg



6月の終わり頃、私は彼女と一緒にドライブに出かけていました・・・
ドライブしていて、あたりは暗くなり、夕闇に包まれています。

そのとき海沿いを流していたのですが、三叉路にさしかかった・・・
片方は昔からある道で国道に出る道、
もう片方は昔、通行止めだったけど、多分国道に出る道・・・
私達は昔通行止めだったほうへ行ったのです・・・

それが始まりだとは気付かずに・・・

ある程度進んだとき、私はあることに気がつきました。

”廃坑の空気穴のあるところだ・・・”と・・・

・・・そこは第二次世界大戦中、炭鉱があり
強制労働の繰り広げられた場所でもあります・・・
そこで亡くなられた方が大勢いるのです・・・
進んでいくと海中から
”ニョキ”っとでている人工建造物が見えます。
それが”炭鉱の空気穴”なのです・・・
・・・そこに差し掛かったとき、

”ズシッ”

肩がいきなり重くなりました・・・
頭痛もします・・・

・・・どうも憑かれたようなのです・・・

とりあえず、その場にいては危ないので早急にそこを立ち去ったのです・・・


************************************************************


以上で予定していた怪談は終了しました。

最後に閉会の挨拶をしようとすると……


どこからともなく、不気味な鐘の音が……


どうやら、霊を鎮めるには、まだ語りが足りなかったようです。

ということで、急遽お二人に1話ずつ語って頂くことになりました。


************************************************************


第7話 「夜ふけの住人」


UO(080831-231243-27).jpg


その頃の私は、小説家として本格的に歩み始めたばかりで
夏を都会を離れて過ごそうと、過疎な田舎に一軒の家を借りた。

家はいかにもと言う古家だったが、作りもしっかりしていたし
上手に使い慣らされていて居心地はまあまあ。
電気、ガス、水道アリで しかも家賃は格安と来てる。

「なにより電話がないってのが最高ダゼ!」

なぜかって?
私はこれでも小説家ですよ?

この仕事につきものといったら…


************************************************************


第8話 霊の通り道


UO(080831-232158-30).jpg


職場の寮は霊の通り道だ。
仲の良い先輩からは、そう聞かされていた。

ある日に見た「それ」は……
(ログを取り忘れていたので、バムさんちから引用です。バムさん、ごめんなさい!)


************************************************************


以上で、すべての怪談が終了しました。

語り手のお二人、会場整理を手伝って下さった方々、
そして、ご来場頂いたすべての方に、御礼申し上げます。
ありがとうございました。


最後に、イベントを紹介して下さっているサイトさんを、いくつかご紹介します。



もっちーさん 「UO BLG MZH」

http://blog.goo.ne.jp/ubmzh/e/bcc57f39d8c92b69329e1c6dbd30e80c

焼きそば屋 バムさん 「爆弾亭」

http://blog.goo.ne.jp/uoyakisoba/e/15fe70c66fba7e6698a2431a20b978cd


緋冬さん 「徒然なるままに遊んでみる」

http://sweetapplejam.blog57.fc2.com/blog-entry-132.html

孔明さん 「孔明のUOっとっと」

http://park3.wakwak.com/~koumei/index.html

他にもありましたら、お知らせください!

別窓 | イベントレポート(双月亭主催) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 文芸酒場 双月亭 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。