文芸酒場 双月亭

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

闇鍋祭に参加

出雲で剣豪と名高い伊東一刀斎さんが、ブリタニアを離れるそうです。
伊東一刀斎さんは、単騎でクリムゾンドラゴンを撃破という、
常人には真似出来ない程の力量を持ちつつ、
「一刀流」という流派を開く事で後進の育成を行い、
さらには「武士道教本」をはじめとする様々な本を著しています。
当店にもしばしばお越しくださり、先に開催された† 黒槍杯 †では、
共催という形でお世話になりました。

その伊東先生が最後に主催する「闇鍋」に参加して来ました。


闇鍋のルールは単純。

「出されたものはすべて食べる!」
「食べない者は伊東先生が斬る!」


これだけです。


UO(090321-223641-00).jpg


伊東先生いわく、
「秘伝の隠し味をちょいちょいどばっと
入れたドラゴンの肉を参加者で味わいます。


UO(090321-231457-13).jpg


なんだか闇鍋の中に明らかに食べられない物も入っていましたが、
さすがにこれは、忙しそうにしてる伊東先生の眼を盗んで
コッソリ懐にしまっておきました。


UO(090321-232350-16).jpg


あまりのおいしさ?に昇天する者も現れましたが、まあご愛嬌。


ここで、緊急事態が発生しました。

「参加者が予想以上に多かった」(伊東先生曰く)為に、
用意されたすべての食材が底を尽きてしまったようです!

という事で急遽、新たな食材を求めて全員で出撃する事になりました。
めざすはトクノのSerado the Awaken。


UO(090321-234755-24).jpg


しかし、祭壇がアクティブにならない、というバグが発生してしまったので、
さらに予定を変更してイルシェナーのGreater Dragonのパラゴンを討伐する事に。
Gドラパラゴンはさすがに強敵でしたが、伊東先生以下屈強な戦士やメイジが
集団でかかってきては、さすがに勝てません。
帰還後には、採取したGドラパラ肉を伊東先生が振舞って下さいました。


UO(090322-010228-00).jpg


伊東先生には最後に、「鎮魂歌」というタイトルの詩をプレゼントしました。

先生はもちろん亡くなった訳ではありませんが、
その魂はブリタニアから去ってしまいます。

そして、ブリタニアにおける本当の死とは、

「二度とこの世界に戻りたくない」

と感じてしまう事なのです。

だからこそ、残された我々は伊東先生が再び戻って来たくなるような、
そんな世界を保たねばならないのです。


そんな思いを一編の詩にまとめ、彼に託したのが、この詩です。

「魂を鎮める事で異なる世界でも心おきなく活動して欲しい」

という思いを込めて贈りました。


伊東先生、またお会いできるその日まで。


スポンサーサイト
別窓 | イベントレポート(その他の団体) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

桃霞節で災難

えー、この記事はあんまり書きたくないのですが、
これも「双月亭主催イベント」という扱いですので、
いちおう記事にしておきます。


3/3の営業ではMottieさんの持ち込み企画、
「桃霞節を再現せよ!」を開催しました。
(桃霞節については、こちらを参照)


UO(090303-230920-01).jpg


来客もある程度集まった頃合いを見計らって、
配役を決めようと立候補者を募ったのですが、
なかなか決まりません。
特に主役とも言うべきモモハナヒメ役については、誰もやりたがらない様子。
内心、「こりゃ、失敗かな?」とか思ってました。


ところが、来客のうちのある一人が、

「誰もやらないんなら、
Yuhさんやればいいじゃない」


という邪悪な事を口走ると、流れが一気にそちらへ。
さらに間の悪い事にこの日の来客は凄腕のお針子がたくさんおり、
あっという間に服を仕立てて着替えさせられました。
下は、事情を知らないお客様にひどい格好で説明する図。


UO(090303-233036-11).jpg


私が無理やり着替えさせられると、他の人達も着替え出しました。
ここまで来ると、全員結託してたのではないかと勘ぐりたくなります。


UO(090303-233702-16).jpg


撮影終了後は店に戻ってA級戦犯提案者のMottieさんから一言。


UO(090303-234233-21).jpg


という事で、非常によろしくない桃霞節でした。
来年は最初から生贄候補者を募集しておきますので、
我と思う人は今のうちに立候補して下さい。
1年前から受け付けてますよ!

別窓 | イベントレポート(双月亭主催) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

「読書会 in 双月亭」のお知らせ

3/24(火)の営業は、「読書会」を開催します。
読書会とは、一冊の本を参加者全員で読む事で、お互いの考えや感想を話し合うイベントの事です。

今回は、大和シャードで図書館運営や酒場雑誌を編集しているnashさんによる、「カスカ卿の演説集」を取り上げます。
ロード・ブリティッシュの後を受けて国王代理に就任したカスカ卿。彼の演説を一冊の本にまとめたジャーナリズムの鑑とでも言うべき名著を、読み解きます。

さらにもう一冊、私が演説を聴きに行った帰りに偶然入手した「カスカ演説集?(偽書?)」と書かれた謎の本も取り上げようと思います。内容は実際の演説と全く異なりますが、偽書には偽書の、込められた意図がある場合もあります。「正史と偽書の対比」という観点からも楽しんで頂ければと思っています。


別窓 | お知らせ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

歴史の終焉と新たなる始まり

2/21の公演を最後に、大和の老舗劇団「風」さんが活動を終了されるそうです。
座長のFellowさんは当店にもよくお越し下さっておりましたし、私も風さんの公演には何度も参っておりましたので、フィナーレを見逃す事は出来ようか、いや出来ない!という事で、行って来ました。


UO(090221-230453-05).jpg


今回の演目は、「酒場の歌姫が不慮の事故で歌えなくなり、それをどのように治療するか」という内容でしたが、ラストは何ともやりきれない、「救い」のない結末でした。しかし、私もPC酒場を営む身として、このような事態に陥ってしまうとも限りません。

そう、人は往々にして、「目的」と「手段」を取り違えてしまう、弱い生き物なのです。だからこそ、常にその危険性を自覚しつつ、生きていかねばならないのだと、この公演は教えてくれたのかもしれませんね。


UO(090221-232446-09).jpg


最後に風の団員の皆さんと歓談して、帰宅しました。
皆さん、お疲れ様でした。
演劇活動がなくとも、貴方達は一人のブリタニア民ですよ。


************************************************************


歴史ある団体の幕引きの後に、新しいものが誕生しました。
日本シャード各地に店舗を構えている 「誠島の家具とバルクと雑貨の店 Twins」様が、多目的演芸ホールをオープンしました!2/22にその記念すべきこけら落とし公演を行うという事で、お邪魔してきました。


UO(090222-222306-03).jpg


まずはオーナーのEdgerさんより、ご挨拶。
Twinsさんはショップ・タウンアワードにおきまして、殿堂入りを果たされたご報告と、こちらのホールが出来た経緯をご説明下さいました。


UO(090222-222735-05).jpg


Edgerさんのご挨拶の後は、今回こけら落としライブに登場する芸人達の出番です。

中央:総合司会は、このサイトでもおなじみ、演歌歌手のMottieさん
左:「元祖・笑いの速射砲」スタミナさん
右:「鋼の身体に効くエスプリ」Mechanical Jirouさん

以上の3名でお送りします。


UO(090222-223614-08).jpg


トップバッターはMottieさん。
演歌→早着替えの流れはいつもの通りなのですが、今回はTwinsのベンダー衣装に着替えていました。歌詞の中でも、Twinsの宣伝を差し込む所に、演出の妙を感じます。


UO(090222-225440-16).jpg


続いては、Mechanical JirouさんのUO落語
「オークが出没する」と噂の街道を二人連れの旅人が歩いている最中の会話が主な話題。あれやこれやとオークの話をしていたら、本当にオークが出て……
ちなみに、ここでもTwinsのCMが入ってました。


UO(090222-230642-20).jpg


トリはスタミナコント!
1本目は「スタミナヒロシ」の由来となったお話、「スタミナの探検隊」
続いて2本目は、新作「スタミナの泥棒」
初めて誕生したネタと、最新のネタの組み合わせでした。


UO(090223-000653-40).jpg


公演終了後は木彫りの牛を景品としたハイ&ロー対決!
出演者がサイコロを振ってどちらが高いかを予想するのですが、
3人とも30以上の目をほとんど出さないという、予想以上に波乱な結末でした。


最後に主催者全員が勢ぞろいして、ご挨拶。お疲れ様でした。
この施設が今後どのような道を歩むのか、期待されますね。








別窓 | イベントレポート(その他の団体) | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 文芸酒場 双月亭 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。