文芸酒場 双月亭

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

「徳之異聞録『三種の宝具』を探せ!」イベントレポート【後編】

【前編】よりの続きです。


UO(091123-235424-11).jpg


キタバタ将軍の霊により歴史の真実を教えられた我々は、「三種の宝具」の在り処を知るというニタ将軍が戦死したと伝えられる勇の社までやってきました。

社を色々調べていると、ニタ将軍の霊が現れました。
最初は我々をひどく疑っていたニタ将軍でしたが、キタバタ将軍の名前を出して真実を知りたいだけで野心のない事を告げると、ポツリポツリと語りだしてくれました。

ニタ将軍は宝具を隠す為にクスキ将軍に命じ、勇島から船で落ち延びさせようとしていました。ニタ将軍はその囮となる為にこの地で戦い、戦死したそうです。肝心の船の行き先を聞くと、


「木を隠すなら森の中、帝国のお膝元である誠島の中でも人目に付きにくい土地、それはさ……」


と言い残して消えてしまいました。

参加者の中から、「誠島で人目に付かない場所って砂漠じゃない?」「でも、あそこ人なんか住めるか?」「いや、小さな庵があったはず」「それだ!」と、重要な情報が飛び出しました。恐らく真実はそこにあるはずです。我々は勇島を後にし、誠島へと向かいました。


************************************************************


歴史書によると、クスキ将軍は船で勇島を脱出したものの、船は難破。そのまま海の藻屑と消えてしまったそうです。しかし、我々は既に歴史書が常に真実を語っているとは限らない事を知ってしまっています。ひとまずはニタ将軍の言葉から得た手がかりを元に、砂漠の庵へと向かいます。


UO(091124-000707-26).jpg


庵には一人の老人が住んでいました。部屋の中にはクスキ将軍と思われる胸像が掲げられおりました。そう、彼はクスキ将軍の末裔(本人曰く、孫)であり、この地で宝具を護る事を先祖代々の遺訓として残されていたそうです。

とはいえ本人自身は既にその遺訓は護られるべきものではないと考えているらしく、我々に在り処を伝える代わりに探し物をしてきてくれ、と頼みました。我々はこの頼みを果たし、いよいよ真実の宝具が眠るといわれる石塚へとやってきました。


UO(091124-002343-44).jpg


何人かで協力して石を持ち上げようとすると……


UO(091124-004952-71).jpg


宝具の守護者
が現れました!
これがまた非常に強敵であり、我々も多大な損害を出しましたが、なんとか討伐する事に成功しました。


UO(091124-005554-79).jpg


宝箱の中には多数の財宝と共に念願の三種の宝具が眠っていました。
私はこれを嬉々としながら参加者の前で見せていると……


「あれ?その銘は……」


UO(091124-005415-76).jpg


UO(091124-005417-77).jpg


ニ、ニセモノだ!!


そう、ダイゼンが盗み出したとされる三種の宝具、それは実は偽物だったのです。
ダイゼンや三武将達は死ぬその時まで、いや死んでから後もずっと偽物の宝具を真実だと信じていたという事になります。

しかし、真実とは何でしょうか。

女帝が手にしているとされる宝具が本物であると誰が証明できるでしょうか。いや、そもそも「三種の宝具は真実の帝の証である」とされていますが、「真実の帝」とは何なのでしょうか。

ダイゼンは戦に破れ失意の内に死し、女帝とその一統は徳之帝国を護り続けています。仮に女帝が偽りの三種の宝具を手にしているからといって、この事実を覆す事は出来ません。歴史書にも誤りはありました。しかし、女帝が前線に立ってホタカ平原でダイゼンの軍を打ち破った事は誤りではないのでしょう。

「帝位の正当性を示す証とは宝具の真贋にあらず、その統治した事実こそが証である」そんな事をボンヤリと考えました。


************************************************************


UO(091124-010959-93).jpg


双月亭に戻って、皆さんと談笑しながら解散となりました。
(既に日付が変わって1時間以上経過しておりました)
ご参加下さった皆様、ありがとうございました。


************************************************************


本企画はUO公式で開催されたイベントの知識や登場人物を基に作られた、双月亭のオリジナルストーリーです。その為、実際の公式年表や設定と相容れない部分が存在しますが、あくまで「一プレイヤーによる独自の解釈」としてお楽しみ下さい。

最後に、「孤島の遺言状」というイベントの原案をアレンジして使用する事を快諾してくださっただけでなくイベント協力してくださったMottieさん、スタッフとして活躍してくださったApricotjamさん、Ito Ittousaiさんにこの場を借りてお礼申し上げます。

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

「徳之異聞録『三種の宝具』を探せ!」イベントレポート【前編】

先日告知したように、11/23(月)に当店の開店二周年記念イベント
「徳之異聞録『三種の宝具』を探せ!」
を開催しました。

三連休の最終日で、しかも当方の都合により開始時刻が遅くなってしまった為参加できなかったり最後までご覧頂く事が出来ない方もおられましたので、こちらでレポートします。


************************************************************


UO(091123-224109-30).jpg


まずは状況の説明から。

かつて行われた「トレジャーオブトクノ」イベント。
このイベントは徳之帝国の帝位を狙うハンザギリ・ダイゼンが帝国の秘宝を盗み出したものの散逸し、それを臣民や冒険者達に奪還させる為に褒章を与えた、というバックストーリーがありました。

私がさらに深く徳之帝国の歴史を調査したところ、ダイゼンはその後流刑となり、この処分を不服とした彼は自らの家臣の三人の武将クスキニタキタバタに命じ、帝国に対して兵を挙げました。三武将は瞬く間に勢力を拡大し、帝国の首都ゼントまで迫る勢いでしたが、女帝率いる帝国軍はホタカ平原の戦いでこれを破り、帝国に平和をもたらした、と歴史書にありました。

歴史書によると、女帝はこの時帝国の主の正統な証である「三種の宝具」(Kusanagi Blade、Yata Mirror、Yasaka Aube)を身に纏い、金色のヒリュウを駆けて前線の兵士を鼓舞したそうです。その姿に打たれた味方は奮起し、反乱軍は畏れをなして壊走。戦いを勝利に導いたとあります。

ところが、新たに発見したダイゼンから三武将に宛てた密書には、これまでの定説を覆す衝撃的な事実が書かれていました。


「三種の宝具は我が手中にあり。現在女帝が手にしている宝具は真っ赤な偽物であり、真実なき女に帝位の資格なし」


我々はこの古文書が真実かどうか、トクノの地へと向かいました。


************************************************************


UO(091123-231120-61).jpg


まずは天下分け目の戦いとなったホタカ平原へ。

ホタカ平原は勇島の中では比較的安全かつ開けており、大軍の行動に自由が利きやすい土地のようです。また勇島から移動できるムーンゲートもあり、ゼントのある誠島へ移動するには絶対に抑えたい重要拠点だったのではないでしょうか。そして、それゆえに帝国軍としてもここを奪われる事は滅亡を意味するので、両者が激突する土地としては、ある種必然だったのかもしれません。

ホタカ平原の戦いに破れた三武将達は歴史書によると散り散りとなって各地で戦ったそうですが、いずれも敗残兵を残すのみで散発的な抵抗に留まり、最後は滅亡したそうです。まずはホタカ平原の戦いの後に北西の岬に追い詰められた挙句自決したといわれるキタバタ将軍の最期の土地へと向かいます。


************************************************************


UO(091123-231720-67).jpg


何か手がかりになるのはないかと調べていると、怪しい影が現れました。
どうやらキタバタ将軍の霊だったようです。我々は状況を説明し、真実の三種の宝具を探している事を告げました。

キタバタ将軍によると、ダイゼン公の書状は本物であり、三武将に命じて真実の宝具を隠させていたそうでした。歴史は帝国という権力者によって書き換えられていたのです!しかし、キタバタ将軍自身は三種の宝具の在り処は知らないそうで、ニタ将軍なら分かるのではないか、と言い残して姿を消しました。真実を隠されたまま戦に破れた無念を我々に伝えた事で、成仏できたのでしょうか……

キタバタ将軍の言葉を手がかりに、我々は勇の社付近の戦いで戦死したと伝えられるニタ将軍の痕跡を探しにこの地を後にしました。


************************************************************


続きは、【後編】にて!


別窓 | イベントレポート(双月亭主催) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

徳之異聞録「三種の宝具」を探せ!

ある日の事、双月亭のポストに差出人不明の一冊の本が投げ込まれていた。いやしくも「文芸酒場」を自称するこの店に同好の士が本を持ち込む事自体は、さほど珍しい話ではない。しかし、そこに書かれていた内容は、ありふれた話どころか現体制を揺るがしかねない、極めて重要な内容だった。


「現在のトクノの女帝は正統な皇位に非ず。『三種の宝具』無き僭称者は、いずれその本性にふさわしい奈落へと落ちるだろう」


トクノの歴史を調査すると、かつて皇位継承者の一人であったハンザギリ=ダイゼンが女帝に対し反乱を起こし、『トクノの秘宝』を奪い去った。女帝は臣民並びに冒険者達にこれらの探索、回収を命じ、その貢献に対して報いた、とある。ここまでは誰でも知っている話である。

しかしこの本によると、トクノの秘宝とはあくまで三種の宝具の付属品に過ぎず、皇位継承者の権威を保障するものこそが、三種の宝具なのだそうである。そして三種の宝具はダイゼンがトクノの秘宝と共に奪い去っており、それゆえに今の女帝は偽りの帝に過ぎないというのだ。

「疑わしいといえばそうだけど、でも興味深いな」

かくして、「もう一つのトレジャーオブトクノ」の幕が上がった。

【説明】

かつて行われた「トレジャーオブトクノ」では隠されていた真実の秘宝「三種の宝具」。双月亭に届けられた本(の写本)を手がかりに、徳之諸島を探索して下さい。
トレジャーオブトクノに関する情報は、こちらのUO公式サイトをご覧になると、イベントをより深く楽しむ事ができるでしょう。

・徳之諸島の秘宝

http://ultimaonline.jp/game/item/artifact/totfaq2.html

・BNN「絶望のダイゼン」

http://ultimaonline.jp/community/news.phtml?id=5828

【開催日時】

11/23(月・祝日)22:00~24:00

【集合場所】

文芸酒場 双月亭(出雲シャードアンブラ東の橋を渡ってすぐ)

【諸注意】

・本企画はUO公式で開催されたイベントの知識や登場人物を基に作られた、双月亭のオリジナルストーリーです。その為、実際の公式年表や設定と相容れない部分が存在しますが、あくまで「一プレイヤーによる独自の解釈」としてお楽しみ下さい。

・本企画の開催中における死亡、アイテムのロストなどに関しては参加者の方の自己責任でお願いします。

・イベントレポートとして自らのサイトなどで公開を希望される方は、特に事前のお申し出がなくとも原則承認しております。ただし、参加者への誹謗中傷など公序良俗に反する記事であると判断した場合は、掲載をご遠慮頂くよう申請する場合もある事、予めご了承願います。

別窓 | お知らせ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第20回ショップ・タウン アワード発表!!

第21回ショップ・タウンアワードにおいて、当店は最優秀コミュニティ賞を獲得しました!第17回開催時に敢闘賞を頂いてから5期連続の受賞となりました。皆様のご支援のおかげで、ここまで来る事が出来ました。いつもご愛顧ありがとうございます。

今回の受賞記念では、「BNNステーションによるインタビュー」を希望しております。GM様に承認されれば後日ブリタニア☆ウォッチ」にて発表されるかと思いますので、お楽しみに!

別窓 | お知らせ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 文芸酒場 双月亭 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。