文芸酒場 双月亭

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

星空

寝る前にホットミルクを一口。
ずっと前から続けている習慣です。

「今日も星空が綺麗だなぁ」

---

私は闇を恐れています。
もっとも、他の「人」はどう思うか、そこまでは解らないけど。

魔法使いである私は、夜の闇を振り払うため、毎夜の如くIn Lorと呟いていました。
光の差し込まない、深き洞窟に赴く時もそうでした。
(ランタンでいいんじゃないかって?---アーチャーでもある私には両手を空ける余裕はありませんよ)

そんな時、風の噂でこんな話を耳にしました。

「夜目が利く、エルフと言う種族がいる」
「人間からでも、儀式を行えばエルフに転生できるらしい」

悩みました。
「人」として生を受けた私が、「人」としての一生を終えてまで転生すべきなのか。

-でも、闇を振り払えるなら

決心しました。
ライキュームに赴き、通過の儀式を行い、再び戻り、身を清め、その時に備えました。

「人としての生を捨て、新たなる道を歩むことになるが、本当に良いか?」

その問いに対し、私は若干震えながらも「はい」と答えました。


・・・もう1年も前のことです。
エルフになってから、暗闇を恐れることはなくなりました。

でも、同時に失ったものもありました。
「闇の中の光」です。

光無くして闇は生まれず。逆もまた真なり。

あれほど有難いと思っていた町の灯火が、光の魔法が、その全てが「無いも同然」になってしまいました。
時々、遠眼鏡でトランメルとフェルッカの月の光を眺めることでしか、「光」を感じることができなくなっていました。


でも、意外な所に「光」はありました。
そう、足元に。
「灯台元暗し」とはよく言ったものです。


双月亭応募イラスト


現在、居を構えるマラスは、エセリアル虚空間と言う場所に浮かんでいるらしく、いつでも満天の星空や星の海を見ることができたのです。
・・・たぶん、星空と星の海との境目なんて無いと思いますが。


ルナの、まるで闇を振り払うかのような明るい外壁。
アンブラの、まるで光を振り払うかのような暗い外壁。


でも、私には、マラス全体が「闇の中の光」に見えるのです。

---

ホットミルクを飲み終え、床に就いていつも考えること。

「明日も一日、良い夜空が見えますように」


Fin.


********************************************************************************


こちらのイラストと文章は、当店のお客様Miaさんから、『マラスとは何か?』調査報告として頂いたものです(著作権は描き手の方に帰属しますので、無断転用はご遠慮下さい)。


かつて宮廷魔術師として名を馳せ、シャドーロードとの戦いの中で命を落としたクレイニンがその著書『シャードの観測』の中で、「マラスとはダーク・ファセットである」と述べています。クレイニン亡き今ではその真相は不明であり(だからこそ、我々が調査を行っているのですが)、マラスが暗黒の世界であるかどうかは分かりません。

しかし、闇の世界と思われているマラスにも星の海があり、そこに光を見出す人もいるのです。たとえダーク・ファセットと呼ばれようとも、そこに生きる人々がいます。世界を知るには高名な学者の見解も重要ですが、このような市井の人々の「生の声」もまた、大事なのではないでしょうか。

双月亭では引き続き、マラスに関する調査を募集しております。学術的な論文だけでなく、マラスに伝わる人達の生活の一コマや戯れ歌、民話などでも構いません。どんな小さな題材でも結構ですので、どんどんお送り下さい。UO本形式にまとめて下さった方は双月亭のポストに投函して下されば結構ですし、イラスト形式でご投稿下さる場合は、当サイトのメールアドレスまでご送信下さい。たくさんのご応募、お待ちしています。

スポンサーサイト
別窓 | 頂き物 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

Lancelotさん&Cherryさん結婚式レポート

UO(100327-221104-04).jpg


3/27に挙式された、LancelotさんとCherryさんの結婚式にお邪魔してきましたので、レポートします。

新婦のCherryさんは無限シャードでINT*SHOPという有名店を経営されており、無限経済の一翼を担っている方として知られています。また新郎のLancelotさんは無限対人界隈で活躍されており、また大和シャードのPC酒場桜夜さんにおいては店員をなさっています。

今回私にも結婚式の招待状が届いた事と、桜夜さんで結婚式の様子をネットラジオ中継するにあたり私もパーソナリティとして参加してほしいという要請があったので、参列しました。


UO(100327-222006-07).jpg


カウンセラーさんによって式はつつがなく終了し、外に出たお二人を参列者がライスシャワーでお出迎えします。この辺の演出は、スタッフの方々の工夫ですね。この日の為に休止から復帰された方もいらっしゃったようで、ライスシャワーの列は大変長くなっていました。


UO(100327-222607-09).jpg


皆で集合写真。この写真を見ても、とてもたくさんの参列者の方がいたのだなとご理解頂けるかと思います(一部不穏当な発言をしている方もいますが)。


UO(100327-224112-14).jpg


引き続いて、披露宴の様子です。新郎新婦に対する質問を参列者の人達に募集していましたが、新郎への嫉妬がやたら渦巻いているようで……いやはやご愁傷さまです。


UO(100328-001731-46).jpg


二次会として、Sボスへの挑戦が行われました。私もGreater Dragonを引っ張り出して、協力しました。無限らしく赤ネームの方の襲撃もありかなり大変でしたが、その分非常に盛り上がりました。ちなみに私はステスク20と15を頂きました。


お二人の未来に幸あらん事を祈りつつ、ペンを置きたいと思います。




別窓 | イベントレポート(その他の団体) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

エウロペシャードの謎

大和シャードのPC酒場「桜夜」さんでお手伝いをしている私ですが、そちらの営業の際に、「エウロペに謎のダンジョンがある」と教えて頂きました。酒場のお客様や店員の方も、「噂は知ってるけど見た事はない」「見に行った事はあるけど、由来までは知らない」だそうなので、酒場終了後に有志の方で実際に行ってみる事になりました。

このダンジョンはトリンシックのはずれにあり、かつてはその狭い敷地(18*18程度)の中に50体ほどの古代リッチがひしめいているという難攻不落のダンジョンとして知る人ぞ知る秘境だったそうです。


UO(100325-005116-00).jpg


UO(100325-005119-01).jpg


現在は古代リッチの湧きはないようで平和に終りましたが、入り口にイベントの跡地らしき石碑もあります。「ランタンに血を垂らして~」などと書いていますが現在では機能していないようで、特に何も起きませんでした。

海外シャードの一部(米本国が統括しているシャード)には、EM(イベントモデレーター)と呼ばれるプレイヤーに近いシャード専属の運営スタッフがいるそうです。彼らは様々なイベント運営を執りしきっており、今回のようなダンジョン設置を行ったりもするとか。以前に日本シャードでも行われたSA導入までのシャドーロードとの戦いも、海外では彼らが行っていたそうで、素晴らしい出来だったようです。

日本シャードでもGMイベントがより魅力的になる仕組みが構築されるといいですね。


別窓 | 営業外活動 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

酒の泉のチェスセット

第22回ショップ・タウンアワードコミュニティ部門賞入賞記念として、今回もGM設置物を頂戴しました。


UO(100324-220553-00).jpg


チェスセットとカウンターです。

このセットはNPC本「My Story」のワンシーンを再現したもので、ロード・ブリティッシュとロード・ブラックソンがチェスをしながら政治にまつわる会話をしていた、という故事が由来になっています。カウンターは飲み物を置く為と、原典となった「My Story」を設置する為に、追加して頂きました。


UO(100324-220602-01).jpg


「My Story」はネズミのシェリーが書いたとされる本です。
ロード・ブリティッシュとロード・ブラックソンはチェスをしながら政治の話をするのを日課としていました。ところがある日、ブリティッシュはタイムロードから衝撃的な事実を告げられました。

「この世界は宝珠の砕けた破片=シャードに過ぎない。破片を組み合わせて一つにしないと、闇の勢力(シャドーロードなど)の侵入に対抗できない。オリジナル世界に存在した人間はそのまま統合されるが、破片世界にしかいない人間は消滅する。より大きな幸福の為には、小さな犠牲はやむを得ない」

この話を裏で聞いていたブラックソンは友人であるブリティッシュに、到底受け入れられないものであると憤慨します。ブリティッシュは目の前のチェスボードから駒を取り、「キングを護る為にはポーンを犠牲にしなければならない事もある」と言いますが、「ポーンであっても、 家に帰れば生活もあれば恋もします」とブラックソンは反論。二人はチェスを始めましたが、その決着はつかなかったそうです。

翌日ロード・ブリティッシュは八徳政策の実施を宣言し、全国に徳のガードを設置しました。これに対し、ロード・ブラックソンは自らの居城でカオスの徳の提唱を行い、カオスガードの設立を宣言します。こうして二人の友人は異なる道を歩むようになり、やがては哀しい結末を迎える事になります。


UO(100324-220734-02).jpg


チェスボードは通常通りプレイする事ができます。どなたでも使用可能ですので、酒の泉に浮かぶ月を眺めながら二人の男のようにチェスを楽しんでみてはいかがでしょうか?


別窓 | 施設案内 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

『マラスとは何か?』調査依頼のお知らせ

ライキュームより当店に、マラスに関する調査の依頼が入りました。
(詳しくは、前回の記事をご覧下さい)


調査に関する内容ですが、論文のような研究レポートから、マラスの住民に伝わる民間伝承(という体の小説や詩のような書籍)、住民の暮らしぶりなどを写した絵画(という名目でオリジナルのイラストレーション)など、マラスをテーマとしたあらゆる創作物を募集します。

応募で集まった調査物に関しては、後日当店にてディスカッションを行ってマラスに関する考察を皆で高め、書籍に関してはライキューム(トランメル)の本棚に書き写す事で、調査結果を報告します。


【応募受付】


2010年4月13日(火) 24時まで(双月亭営業時間まで)


【応募方法】

・書籍に関しては、UO内の本にてお受付します。40ページ本5冊もしくは200ページ本1冊までの分量にまとめて下さい(それ以内でしたら、何ページでも結構です)

・イラストレーションについては、yuh_uo@hotmail.co.jpまで添付ファイルにて送信下さい。後日、当サイトにて掲載致します。


【FAQ】

Q1:本の提出先はどこですか?
A1:当店のポストに投函して下さい。もしくは、店主(Yuh)に直接手渡して下さい。

Q2:提出した本はどうなるのでしょうか?
A2:ご提出頂いた本はライキュームにて書写した後、当店の書架に置かせて頂きます。申し訳ありませんが返却は出来ませんので、複製した本をご提出下さいませ。

Q3:新刊じゃないといけないのですか?
A3:いいえ、過去に書いた作品でも結構です。

Q4:私は自分でイラストサイトを運営していますが、そちらにアップしてもいいですか?
A4:もちろん、構いません。著作権は描いた方にありますので、ご安心下さい。


その他ご質問のある方は、上記アドレスまでご連絡下さい。
別窓 | お知らせ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ライキュームからの使者

「マラス……の調査ですか?」
「ええ、マラスに関する調査をまとめて頂きたいのです」

「ライキュームからの使者」と名乗るマーカス(Marcus)は、聞き返す私にそう答えた。

「しかし、マーカス殿。ライキュームにはソーサリアの叡智とも言うべき、優れた学者の方々がおられるではありませんか。何もウチのような市井の、それも酒場などにわざわざ依頼しなくとも、十分に調査研究は進んでいるのではないのでしょうか?」

私としては何故このような依頼を当店に持ち込んで来るのか、真意を図りかねた。そもそも私は学者ですらなく、ただの一般市民に過ぎない。私の研究などを学会で発表したりしたら、赤っ恥をかく事になるだろう。

「それが……実際の所、貴方が思っているように研究は進んでいないのです」

マーカスの表情に翳(かげ)が差した。

「確かにブリタニア本国については、貴方の言うように優れた研究結果や書物が数多く著されています。しかし、マラス大陸に関する研究はこれまでほとんどされていないのです。
ご存知のように一連の戦乱の中、ライキュームに納められた数多くの書物が灰燼へと帰しました。研究者達の大勢も姿を消し、今ではかつての知の殿堂も、がらんどうのようになっています。
マラスはまだまだ謎に包まれています。大地の下には星の海。危険の少ない土地かと思えば、ドゥームやラビリンスのような、恐ろしい迷宮もある。ブリタニア本土に比べあまりにも違いすぎるのに、これまであまりにも調査されて来なかったと思いませんか?」

確かにその通りだ。私自身も、公に著された書物は、ほとんど知らない。日ごろ住んでいても、いや、住んでいるからこそ、その不思議に気づかないものなのだろう。

「無論、専門に研究しているわけではない貴方に、学術的な論文を求めているわけではありません。街の人々の間に伝わる戯れ歌やおとぎ話、この地独特の表現や例え話など、そういう市井の声を集めて欲しいのです」

なるほど、そういう事か。それならば世慣れた人間の集まるウチのような酒場の方が、逆に適しているのかもしれない。事情がようやく飲み込めた。

「ご理解頂けたようですね。それでは私は戻ります。たくさんの調査結果が集まる事を期待していますよ」

マーカスは外に出ると、Recallの呪文を唱え、店を後にした。

「さて……どうしたものか。とりあえず、今日の営業で話してみるか」

私はまもなく迫る開店時間の準備を再開した。


UO(100316-205539-00).jpg

別窓 | 営業外活動 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

イベントと告知

UO内におけるイベントは様々あるが、その準備段階における、「告知」について、自分なりに考えてみた。


イベントの目的というのは人や内容によって分かれるのは間違いないが、すべてのイベントに共通するものは、「自分以外の他者をそれに招く」という事である。逆に言えば自分だけで自己完結しているものは、イベントとは呼ばず、単純に個人活動の言い換えといえよう。「一人Bルニ祭り」という表現などがあるが、この場合は単純に生産活動をあえて「イベント」「祭り」と呼称しているだけ、というのが真実だろう。

自分以外の他者を招く以上は、それを他者に伝えないといけない。その為に必要な事が、「告知」である。貴方や他者がエスパーでもない限り、告知なしに自分の意図を伝える事など出来ないのだから、当然といえば当然である。

この「告知」(「宣伝」と言ってもいい)であるが、どんな対象をそのイベントに招こうとしているかで、告知の形態は自ずと変化してくる。言い換えれば、自分のイベントがどのような意図で行われるかを把握し、それをどのくらいの強度で告知するかが、イベント成功の重要な鍵となると言っても過言ではないだろう。
もちろん、一定レベルのクオリティは必須だが、その一方でどれだけ素晴らしいイベントであっても、ただの一人もそれを見ていないのであれば、先に挙げた「一人Bルニ祭り」と、大差ないだろう。

以下は告知の手法とその範囲をレベル別にして考察したものである。基本的に上位レベルの告知を行う場合は、下位レベルのそれを同時に行う事が効果的である。ただし、上位レベルの告知を行う事が必ずしも効果的であるとも限らない点には留意して欲しい。その理由については、各レベルの説明の際に行う。
別窓 | 考察 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ダイナマーケットで小説行商

大和シャードのダイナマーケットで、小説行商を行ってきました。


UO(100314-224121-03).jpg


偶然にも親しい方々も行商を行っており、皆で並んで行商していました。
ちょっとした商店街みたいですね。


そうこうする内に、閉会の時間に。
主催者の赤ごるぁ様ことGrizzさんは明日5時出社だそうで……
それでもきちんと毎月開催されているのには、頭が下がります。


UO(100314-235304-00).jpg


閉会後の一コマ。
最後尾はどこまでだったのか、結局わかりませんでした。


別窓 | 営業外活動 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

錬成品注文販売開始

双月亭では、SAで導入された錬成スキルを用いての対面販売サービスを導入しました。
当店と契約している錬成術師のFatimaさんに、ご依頼下さい。
価格や素材の持ち込みなどは、Fatimaさんと依頼者の方との間でのご相談になります。
Fatimaさんがおられるのは酒場の営業日時と同じ、毎週火曜日22時~24時です。
Fatimaさんご不在の際は承れませんので、あしからずご了承下さい。


UO(100310-000928-00).jpg


双月亭では、錬成スキルを活用した対面販売「錬成行商」を推進しています。
Fatimaさん以外にも錬成行商をお考えの方がいらっしゃれば、当店にぜひお越し下さい。
屋上のソウルフォージは無償で貸し出しております。

錬成アイテムを作って欲しい方、行商してみたいがどうすればいいか分からない方など、
錬成に関する様々な疑問や依頼のある方は、ぜひ当店をご利用下さい。

別窓 | お知らせ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

第22回ショップ・タウンアワードコミュニティ部門賞受賞

twitterではお知らせしておりますが、第22回ショップ・タウンアワードにおきまして、コミュニティ部門賞を頂きました。今回で6回目の受賞になります。皆様のご愛顧、ありがとうございます。

現在、GM様と設置物についての打ち合わせをしておりますが、その設置が完了次第、何かしらのイベントを主催しようと考えております。当店主催のイベントは昨年11月の「徳之異聞録『三種の宝具』を探せ!」まで遡らないといけません。ずいぶんと間隔が開いてしまった分、楽しいイベントにしたいと考えております。今しばらくのご辛抱、よろしくお願いします。

別窓 | お知らせ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 文芸酒場 双月亭 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。