文芸酒場 双月亭

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

『マラスとは何か?』読書会&座談会レポート

ライキュームからの依頼でマラスに関する書籍や絵画などを募集した結果、たくさんの作品が集まりました。その本を元に4/20に開催されたイベント「『マラスとは何か?』読書会&座談会」の様子をお伝えします。


UO(100420-223130-06).jpg


まずは開会の挨拶とマラスに関する情報についてのおさらいを。
マラスに関する公的な記述は、こちらに記されている通りです。
ただし、これではあまりにも記述が少なすぎて、推測する事も容易ではありません。
参加者の皆さんの意見を聞いてみましょう。


UO(100420-224911-15).jpg


テキストを読みながら出た意見として、「マラスはブリタニアの民が漂着して住み着き始めたというが、明らかにブリタニアの文化ではないものが数多く見られる。これは先住民がいたという証ではないだろうか」という意見が上がりました。

では、その人々はどこから来たのかというと、モンデインの持つ不死の宝珠が砕けた際に、世界から分断された人々であろうとの事です。確かにハートウッドのエルフ達はそうやって世界から分断され、その後ポータルの復活によって再びブリタニアへと帰還しております。マラスにも同じような歴史があったとしても、不思議ではありません。


UO(100420-225240-17).jpg


また、別の議題として、「星の海とは何なのだろうか?」という疑問も上がってきました。
星の海といえばマラスが真っ先に思い浮かびますが、ロストランド蜘蛛城の最深部にも存在しますし、近年発見されたアンダーワールド内部にも、その姿は確認されています。星の海とは一体何なのでしょうか。


UO(100420-231715-26).jpg


これに対する一つの回答として、「星の海は、『人間が踏み入れてはいけない場所』である」という仮説が生まれました。確かにマラスに限らずあの空間には通常の方法では侵入出来ません。煌めく星の海は、人類にとっては触れてはいけない禁忌の場所なのでしょうか。確かに集まった本の中にも、そのような記述は見られました。

しかし、別の方から衝撃発言が。

「私、あの星の海に行ったことあるよ」

詳しく話を聞いてみるとそう、確かにありました。
マラス大橋が分断されて二人の恋人が離れ離れになった時、光の橋が架けられました。
光の橋がその効力を失った事に気付かずにそこに踏みとどまっていた者は……
そう、星の海の真っ只中にいました。
その時の感想を聞いてみると、「意識はあるけど、ただただ落下していくような感覚だった」そうです。


UO(100420-235900-45).jpg


気がつけば予定終了時刻の12時になっていました。
テーマがあまりにも大きすぎて2時間ではとても語り尽くせませんでした。
しかし、このような機会を通じて皆さんが世界に対する疑問を持ってもらえたら。
そして疑問に対する何かしらの仮説を唱え、さらにそこから思考を推し進める事ができたら。
それだけでも本企画を開催した意味があったと考えております。
ご参加下さった皆様、ありがとうございました。

応募して下さった作品については、現在は双月亭屋上にて展示しております。
毎週火曜日の営業時間にお越し下されば、閲覧出来るようにしますので、その際にお申し付け下さい。

最後に、作品の一覧と簡単な書評を掲載しておきます。
少々長くなっておりますので、下の【続きを読む】をクリックしてご覧ください。
スポンサーサイト
別窓 | イベントレポート(双月亭主催) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

『ランタンクエスト攻略ツアー』レポート

4/10(土)23時より開催した『ランタンクエスト攻略ツアー』の様子をレポートします。


UO(100410-231204-00).jpg


集合場所はTベスパーの壱の市会場ステージ。閉会式の最後に行われる挨拶でお時間を頂戴し、来場されたお客様をそのままツアーに呼びこもうという計画です。かつてブリ銀のような人通りの多いところで見知らぬ人に呼びかけてダンジョンツアーなどを行う事がありましたが、現在では街に人が溢れている事も滅多になくなりましたので、不特定多数の人に呼びかけるにはこのように各シャードのPC市の会場を利用するのもいいでしょうね。

独力でクリア出来ない方やシャードトラベラーの方のようにキャラが育ち切っていない人でもランタンをゲットできるようにとの思いで考案したツアーですが、既にクリアしている方の為にも、クエストにまつわるストーリーや登場人物がどんなキャラクターなのかを知ってもらいたいと考え、最初にその旨を説明します。


UO(100410-232106-03).jpg

まずはクエストを受ける為にブリタニア城内部にいる宮廷魔術師のデクスターの元へ向かいます。デクスターの説明によると、「アビス内部にはびこるスラッシャーオブベイルズの力を弱める為に人間とガーゴイルとの間で共同戦線を張り、前線基地を設ける事」を計画したブリタニア王国は、冒険者達に「徳の放出点」というポイントの探索を依頼してきました。捜索には「霊性のランプ」が必要であり、このアイテムを作成する為に必要なアイテムを揃えることが、今回のクエストとなります。


【用語に関する解説】

・Dexter(デクスター)

ランタンクエスト依頼者。ブリタニア王国宮廷魔術師。クレイニン亡き後は彼がその座にあるらしい。ブラックロック発生装置開発責任者のクロノスの元弟子で、クロノス死亡後はスーテックと共にロングの秘密の部屋に隠れていた。ドーンによる反攻開始の際にはレジスタンス軍に参加している(おそらくこの時の功績がドーンの目に止まり、宮廷魔術師の座を掴む事になったのだと推測される)。初登場時はやや影の薄い印象だったが、レジスタンス軍参加後は威厳のようなものが備わってきているようだ。修羅場をくぐり抜けて一回りも二回りも成長したという事だろうか。

・Slasher of Veils (スラッシャーオブベイルズ)

異世界から来た邪悪な存在。Garamon&Tyballs兄弟が魔法の暴走で誤って召喚してしまったらしい。非常に強大な力を持っているが、それより恐ろしいのは、倒しても次元の亀裂に潜り込み、傷が癒えたら再び活動を開始する事。今回の徳の放出点探索は、スラッシャーオブベイルズの力を弱める為の施策らしい。

・徳の放出点

ジョフリー曰く、世界中に点在するらしい。放出点を拡大する事で徳の力が増し、スラッシャーの力を弱めるらしい。原理などは不明。そもそも徳とは、人のあるべき姿を示す規範であり、特殊な力ではなかったような気がするのだが。

・霊性のランタン

徳の放出点を探す為に使われる特殊なランタン。アンダーワールド及びアビス内部に進入すると、ダークブルーに輝き、徳の放出点に近づくと緑に発光する。徳のクリスタルというアイテムがバックパック内部に湧き、これを放出点に埋めると、放出点が拡大するらしい。詠唱可でブレス付き、しかもノーマルカラーなので、一部のマニアはこちらを珍重するようだ。


UO(100410-233907-10).jpg


ランタン購入の為にルナへと向かい、その足でダークウイスプが所有するオーブを確保する為に、イルシェナーのウィスプダンジョンへと向かいます。戦闘力の高い人達を前線として戦闘力の低い人達を守るようにして移動します。全員に行き渡った事を確認した後、いよいよアビスに向かいます。


UO(100411-001511-22).jpg


ここで何人かの方がアビス入場クエストを済ませていなかったそうで、その方達にはテルマーにある単一の神殿でガーゴイルの徳に関する謎掛けをクリアしてもらい、その間に先行部隊には先に銀の若木の種を入手して待機してもらいます。

そうこうしている内に入場クエストをクリアした人達も合流し、きちんと種を確保しました。いよいよ最終関門である蛇の卵の確保です。事前の打ち合わせで蛇を操る笛を30本以上ご用意頂いたショップつけまい様より、各人に笛が配られます。


UO(100411-003613-30).jpg


全員でどんどん笛を吹いて蛇を操り、卵を確保していきます。乱戦になりがちですので死亡者も出てしまいますが、そこは人数を集めての挑戦ですので、すかさず蘇生したり回復したりして、戦闘力の低い人達をサポートします。複数卵を確保できた人はまだ取れていない人に卵を譲ったりして、取り漏れがないようにしました。


UO(100411-010316-41).jpg


すべてのアイテムを揃え終わった我々はブリタニア城に戻り、霊性のランプを入手出来ました。途中時間切れで離脱された方もいらっしゃいましたが、最後まで参加出来た人全員には行き渡りました。最後に簡単な挨拶を行い、既に時間も1時になっていましたので、解散です。


今回のツアーでは、蛇笛の作成やクエストのナビゲーターを快く引き受けて下さったショップつけまいのTsukemaiさんやEmyryunさん、途中の危険地帯での護衛を行って下さったBailoneさん、Doraさん、Itou Ittousaiさんなど、たくさんの方のご協力がありました。この場を借りて、改めてお礼申し上げます。






別窓 | イベントレポート(双月亭主催) | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ランタンクエスト攻略ツアー

ブリタニアとテルマー、それぞれに存在する王国がステイジアン アビス内に前哨地を設営しようと計画しております。もう既にランタンの力を放出して王国に貢献した方も大勢いらっしゃると思いますが、中には一人では到底クリア出来ないという方やクリアしたけどどういう話なのかイマイチよく分かっていないという方、あるいは「たまには皆でワイワイいいながら遊びたい」という方もおられるのではないでしょうか。

そんな人達の為に、ショップつけまいさんのご協力を得て、ランタンクエストを皆で楽しもう!というツアーを開催することとなりました!集合場所はトランメル・ベスパー東の裁縫屋側の壱の市会場ステージ、市が終了した後からスタートしますので、壱の市を楽しんだその足でイベントに参加できます!

効率最優先のツアーというよりは、なぜこのクエストが行われるようになったのか、クエストを依頼してきたNPCの素性は何なのかという、バックストーリーにも焦点を当てたイベント進行になりますので、既にクリアした方も、思わぬ発見があるかもしれませんよ。

4/10は出雲へ集まろう!


<ショップつけまい>

http://shop--tsukemai.hp.infoseek.co.jp/

<壱の市主催団体・ベスパー行商組合>

http://www7b.biglobe.ne.jp/~spooky0117/

別窓 | お知らせ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

『マラスとは何か?』読書会&座談会

■概要

4/13まで募集していたマラスに関する文献や資料、イラストを基に集まった人たちで話し合い、さらに知識や考察を行います。
マラス文献の応募については、こちらより。

前半をテキストの読み解きに充て、後半はその情報を基にご参加いただいた方々に発言してもらいます。そこで出た意見や考察を最終的に取りまとめ、ライキューム宛に「一つの意見」として提出します。

ギャラリーのみの参加も可能ですが、出来れば多くの方のご意見を聞きたいと思っておりますので、どうぞご参加ください。


■詳細

開催日時:4/20(火)22:00~24:00
開催場所:文芸酒場 双月亭 屋上特設会場

別窓 | お知らせ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 文芸酒場 双月亭 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。