文芸酒場 双月亭

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

「ボストン茶会事件」?

2/13にパブリッシュ64.0.1が導入され、バレンタインギフトが配布されました。今年のギフトはチョコレートのグラフィックが変更されていたり、ギフトボックスがハート型になっているなど、非常に力の入ったものになっておりました。しかし、何かが足りない……

そうだ、ベーコンだ!

そう、ブリタニアのバレンタインといえばベーコン、これは公式サイトにも書かれています。どうして今年はないのか。我々の疑問に対し、公式からの回答は次のようなものでした。

Q. どうして今年はベーコンがないの?
A. 去年、一昨年のバレンタインで十分な数のベーコンを食べたと思いますので、今年は意図的に入れませんでした。

どうしてもベーコンが食べたい!というわけでもないのですが、なんだか二階に上がったのにハシゴを外されたかのような、ちょっと肩すかしのような回答でした。ただ、こういういい意味で人を食ったような対応をしてくれる運営というのも希少な存在であり、この辺もUOの「味」ともいえると私などは思ったりします。


しかし、プレイヤーの中にはそういう対応に飽き足らず、「公式がベーコン配らないなら、自分で配ればいいじゃない」という人が現れました。


UO(100213-211658-03).jpg


ということで、出雲のBailoneさんの呼びかけで、2/13の21時よりTパプアの港にて「ボストン茶会事件」が決行されました。Bailoneさんの用意した大量のチョコレートとベーコン、私も若干お酒や料理を提供し、来た人達に大量に振る舞いました。


UO(100213-214110-12).jpg


後から遅れてきたSnow-Spiderさんの書いた新作を読んだり、Bailoneさんのトークを聞いていると、時間はあっという間に過ぎ、23時を回ったところで解散しました。


考えてみればゲーム内で小説を書いたりバッグボールや人狼のようなミニゲームも、別に運営サイドから与えられた訳ではなく、その時々のプレイヤー達が思いついてそれを実行し、今に繋がっているのです。「バレンタインといえばベーコン」というのがたとえ公式から贈られなくとも、プレイヤーがそれをずっと行っていればそれはそれで一つの独自性という事になるのでしょうね。私も目を見開かされた思いでした。


ちなみにタイトルの「ボストン茶会事件」とは何なのか?お分かりでない方はこちらをご覧下さい。これを読むと、なぜパプアの港で開催されたかもなんとなくわかると思いますよ。

スポンサーサイト
別窓 | 営業外活動 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<第22回ショップ・タウンアワードコミュニティ部門賞受賞 | 文芸酒場 双月亭 | 「怪談読書ツアー」参加レポート>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 文芸酒場 双月亭 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。