文芸酒場 双月亭

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

街侵攻システムを考える

 現在ヴァーチューベインの侵攻が行われているが、我らが出雲は目下全敗中である。そこで本日緊急作戦会議を開く事になった。出雲民以外でも出雲防衛に協力して下さる方やこの機会に出雲に新キャラを作ってみたい人、あるいはリアル都合などで実際に戦闘に参加出来ないが意見や提案を出して下さる方は、是非お越し頂きたい。時間は双月亭の営業時間である22時~24時。たくさんの方々のご参加をお待ちしている。


 さて、これとは別に現在の侵攻システムについて、少し意見を申し上げたい点がいくつかあるので、それを踏まえた上で自分なりに考えたシステムを書いてみようと思う。

 現在の侵攻システムはガード圏内に敵が湧き、これらをひたすら倒していくというものである。ただし、ベイン軍は街中に出現しているがオフィディアンやミーアは町の外に駐留している。勝利条件は明らかにされていないが、恐らく倒したベインの数とオフィディアン/ミーアの数を比較して、より損害の少ない方が勝利という事なのだろう。

 一般的なプレイヤーの心理として、街を侵略しているベインは悪であり、それに敵対するオフィディアンやミーアを支援するのがいい事である、となるのが自然であり、それゆえにベイン側に有利(モンスターの種類が多いので特攻武器を持ち替えないといけない、ガード圏内の為に召喚魔法や範囲魔法が使えないetc)な状況を作っているのだろうという事は、なんとなく想像がつく。つくのだが、たとえば「24時間オフィディアン無双してやるぜヒャッハー!」というプレイヤーが一人でもいれば、この前提は崩壊する。何せ街防衛という感傷的な部分を排除して考えれば、倒しやすさも戦利品の貴重さも、すべてベインに味方する方がオイシイのだ。つまり、一人の人間によって戦局が完全に左右されているのである。
 
 UOだけに限らず大抵の多人数プレイのゲームで「たった一人のプレイヤーが世界を救う(あるいは破滅させる)」というのは、それ以外の人間のモチベーションを低下させる原因になる。「なんだよ俺らいてもいなくてもいいじゃんか」と思わせてしまっては、次からの参加を期待する事が出来なくなってしまうだろう。特に社会人プレイヤーの多いUOの場合、平日の昼間に敵対勢力が無双しているのを阻止できない人間がほとんどであろう。自らではどうしようもない所で一人のプレイヤーによって戦局が決定される、というのはストレスの溜まるものではないだろうか。


 そこで考えたのが、以下のようなシステムである。


【第一段階】

 侵攻が始まると街の外(当然、ガード圏外)に「宿営地」が建設される。ここには当該モンスターが常に湧き、一定範囲内でのみ行動する(つまり、隔離出来ない)。彼らをいくら倒しても侵攻に影響はない。

【第二段階】

 一定数以上の雑魚モンスターを倒すと中級指揮官(仮に、「キャプテン」とでも呼ぼう)モンスターが登場する。彼らを倒してもやはり撤退はしないが、それなりの特殊アイテムを落とす事がある。

【第三段階】

 コアタイム(日本だと22時~24時くらいだろうか)になると、宿営地からモンスターが街の中を目指して移動し始める。この移動と同時にタウンクライヤーが攻城戦の開始を告げるようになる。攻城戦開始後はモンスターの数も大幅に増加し、湧きのスピードも早まる。

 街の中(ガード圏内が目安になるか)にモンスターが侵入すると、防衛側の敗北。その街はモンスターの支配下に置かれ、モンスターが街の中に湧くようになる。銀行を始めとする一切の街の機能が使えなくなる。陥落した街はストーリーの進行などで敵対勢力が完全に壊滅しない限り、基本的に奪回される事はない。
 
 キャプテンモンスターを一定数倒していくと、その軍団を指揮するモンスター(ジェネラルとでも名付ける)が登場する。これを倒すとその軍団は壊滅し、街の防衛は成功した事になる。

 一定時間終了までにモンスターの侵入もなくジェネラルモンスターを倒す事も出来なかった場合、その日の侵攻は失敗した事になり、モンスターは宿営地に戻っていく。次の侵攻は翌日に持ち越される。決着がつかない場合は延々と防衛戦を続けなければならないのだが、その一方で一定ペースで他の都市も侵攻を受けるようになる。つまり、防衛戦が長引けば長引くほど、防衛側に不利になっていく。


 以上である。もっとブラッシュアップする必要はあると思うが、おおまかに言えば、「侵攻のタイミングをプレイヤーの最大公約数に合わせる」「勝利条件を明確にし、プレイヤーに目的意識を持たせる」「街が陥落した場合のデメリットを設け、参加意識を高める」という事である。ここまで付き合って下さった読者諸氏も、色々と考えて頂ければ幸いである。

スポンサーサイト
別窓 | 考察 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<01/11のツイートまとめ | 文芸酒場 双月亭 | 01/10のツイートまとめ>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 文芸酒場 双月亭 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。