文芸酒場 双月亭

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

05/21のツイートまとめ

Yuh_SOUGETSUTEI

寝る前に風呂に入りながら、出雲マジンシアでファッション系イベントが何か出来ないかという問いについて考えたのだが、「テーマを決めてのファッション講座」というのはどうか。例えば、「白豚装備をしつつも少しの換装でこんなにスタイリッシュに!」というのを、経過を踏まえながら解説するとか。
05-21 01:54

職業(スキル構成)に応じたファッション解説でもよし、あるいは逆にアイテムを絞った使い方でもいい。もっと基礎的な所として、特殊な布の存在と入手方法を教えてもいいだろう。要は、「UOの装備は使い方次第でこんなにも広がりがある」というのを可視化するのだ。
05-21 02:01

進行は解説役の人と、実際に劇的ビフォーアフターされた人との、掛け合い形式がいいだろう。NHKの教育番組における先生と、マヌケな人形との関係みたいなものだ。一人で会話を持たせるのはなかなかにしんどいので、その負担軽減の意味もある。
05-21 02:05

とりあえず、思い付くままにつらつらと書いてみた。明日以降は帰宅が23時過ぎになるが、それでもよければ、もう少し解説もする。今日の所はこれにておしまい。仕事に備えて寝るます。
05-21 02:08

@magus_scythe なんで今さら?と思ったけど、把握。また話を煮詰めるか。
05-21 02:25

出勤前に昨日言ってたクローズドファッション講座の議事録を読み返す。何度見ても教官の教官っぷりが楽しすぎて吹く。ただ、クセが強すぎて劇薬通り越してタダの猛毒になってるので、これを千倍くらいに希釈すれば、成立すると思う。
05-21 10:56

@uo_hummi その辺は自分も考えました。過去に同じ轍を踏んでるので。キモになるのは、そのままの格好でもそれなりの戦闘が出来たり、採掘作業で効果を得られるという「実用の美」だと思います。どれだけデザイン性に優れてても、普段使い出来ないのは、一般には受け入れられないので。
05-21 11:00

大抵の人は装備はプロパティ優先で選ぶものだし、まして戦闘用と普段用で服装を変えたりするような面倒な事はしないと思う。白豚なら白豚装備のままでどこでも行くし、せいぜいローブで覆って誤魔化す程度だろう。そこに「ほんの少しのアレンジでこんなに変わる!」というのを実演するのが講座のキモ。
05-21 11:12

@PureFighter00 関西方面でしたら、お出迎えしますよ。まあ、通常だと土日仕事が多いので、うまく予定合わないかもしれませんが。
05-21 21:48

スポンサーサイト
別窓 | Twitter | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<05/23のツイートまとめ | 文芸酒場 双月亭 | 05/20のツイートまとめ>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 文芸酒場 双月亭 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。