文芸酒場 双月亭

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

四周年記念イベント『声に出して読みたいマジックアイテムコンテスト』

11/29の営業では当店の開店四周年記念のイベントとして、『声に出して読みたいマジックアイテムコンテスト』が開催されました。

パブリッシュ73で導入されたシェイムダンジョンの改善と、それに伴うアイテムの生成システム改変が行われた事で、モンスターから獲得出来るマジックアイテムに特別な名前が付くようになりました。この名前の配列がより面白いもの、より秀麗なものを集めてこよう、というのが、このイベントのテーマです。

開店の22時から開始で終了は23時、来店したお客様にはどんどんシェイムへと向かってもらうように促し、より沢山の方々にアイテムを持ち帰ってもらうように努めた結果、最終的には以下のアイテムが集まりました。


言霊の剛力ブレスレット


『言霊の剛力ブレスレット』
「最高のコミュニケーションは肉体言語だ!」と言わんばかりの野性味溢れる一品です。UOでは魔術師といえどもSTRが高い方がHPが高くなるのでゲームシステム的には何ら問題ないのですが、前後で矛盾したかのようなネーミングセンスが光ります。


豪傑の殲滅フロッピーハット


『豪傑の殲滅フロッピーハット』
以前シェイムで釣りをしていた伊東先生がうっかり帽子を落とされたそうで、昨日モンスターから取り返したものがこれだそうです。フロッピーハットという優しげな印象のアイテムに豪傑、殲滅と勇壮な修飾語が付くのも、伊東先生の持ち物だった事を考えれば、さほど違和感がないのかもしれません。


開運ツルハシ


『開運ツルハシ』
「自らの運命はツルハシを振るって切り開け!」というメッセージが込められているかのように見えます……が、実はこのアイテム、呪われて(Cursed)います。運がいいのか悪いのか、イマイチ判断に苦しみますが、持って来て下さった方はこのアイテムを獲得した直後に死亡したそうです。やっぱり呪いのアイテムなんでしょうか。


言霊の魔力ガーゴイルブレスレット


『言霊の魔力ガーゴイルブレスレット』
魔術師にとって理想的なプロパティが並んでおり、その名前に相応しい一品と言えるでしょう。マイナスプロパティも見受けられますが、そのリスクを補っても十分に優れたアイテムです。


再生オークマスク


『再生オークマスク』
補強不可アイテムの為に灰色になっており、それがいかにも特撮ものの「再生怪人」のような印象を与えます。個人的には何度でも蘇るオークにあげたい一品です。


イージスツルハシ


『イージスツルハシ』
ギリシャ神話の女神アテナが所有していたとされる、どんな攻撃をも防ぐ無敵の盾イージス。現代では米軍の対空戦闘を重視して開発された艦載C4ISR・武器システムにその名を冠するイージスが、ツルハシに搭載されました。え、ツルハシ?


魔術プレートレッグ


『魔術プレートレッグ』
重厚なプレートレッグ、そこに魔法のプロパティが合わされば最強……と思いきや、瞑想出来ないのでメイジには不向き、抵抗が薄いので戦士にも使えないという、非常に残念なアイテムが出来上がってしまいました。


再生処刑斧


『再生処刑斧』
「処刑して再生して処刑して再生して処刑して再生して処刑する」と言わんばかりの極めて残虐なネーミング。おまけに(というか、むしろ当然)呪われたアイテム。こんなもの持った処刑人が現れたら、それだけで絶望的です。


速攻ボーンアーマー


『速攻のボーンアーマー』
このアイテムを取った直後、「速攻で」「流血して」「死人ローブを」手に入れたそうです。以前のシェイムとはモンスターの脅威も飛躍的に向上している事を如実に表しております。


匠の錬金こん棒


『匠の錬金こん棒』
それまでは何の変哲もなく、「ホコツしか使わない」と言われたこん棒。それがなんという事でしょう。匠の錬金術師にかかればご覧のとおり。依頼主の喜びの声が聞こえてきそうです(例のあの声でお読み下さい)。


流血の再生ブレスレット


『流血の再生ブレスレット』
敵の血を啜って再生する邪悪なブレスレット。邪気眼を持たぬ者には分かるまい。と、拾ってきた人が言ってました。本人の名誉の為に名前は伏せておきます。


以上の中から、お集まりの方に、「どのアイテム名が一番ピンときたか」を投票してもらう事になりました。いずれも一癖も二癖もあるアイテム名ばかりですが、果たして最優秀アイテムはいずれに……


優勝!

『豪傑の殲滅フロッピーハット』や『イージスツルハシ』と接戦を繰り広げたものの、最後に勝ち残ったのは、優勝は、『再生処刑斧』でした!勝因は「再生」と「処刑斧」という二つの相反する名前が存在し、それでいて矛盾がない所が高く評価されました。


以上が双月亭四周年記念イベントの様子です。相も変わらずくだらない事で盛り上がっておりますが、こうやって盛り上がれるのもひとえに毎週足をお運び下さる方々やスタッフの皆さんのおかげです。今後もこの調子で営業を続けていくつもりですので、よろしくお願いします。




スポンサーサイト
別窓 | イベントレポート(双月亭主催) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<11/30のツイートまとめ | 文芸酒場 双月亭 | 11/29のツイートまとめ>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 文芸酒場 双月亭 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。