文芸酒場 双月亭

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

† 黒槍杯 † 本選レポート(決勝戦)

ますますの加熱ぶりを見せる、† 黒槍杯 †。残す所は、決勝戦だけとなりました。
一回戦準決勝&三位決定戦の様子は、こちらから)


【決勝戦】


UO(090131-234147-14).jpg


Lava vs Gunda(&Hu)


決勝戦は、奇しくも予選会で戦った選手同士の対決となりました。ちなみに予選会ではGunda選手がLava選手に勝利しており、Lava選手に不利な展開が予想されます。

と、ここでLava選手が、観客席のVessel氏に、先ほど借りた魔法のアクセサリを返却しようとします。

「借り物の力で優勝しても、俺が面白くないぜ!!」


これには、観客席からも大きなどよめきが湧き上がります!
不利を承知であえて戦いに挑む、ジェローム傭兵の心意気を見た気がします。
これに対しGunda選手、お祈りを唱えております。非常に長い詠唱ですが、こちらは彼女の信仰する神への祈りなのでしょうか。

決勝戦ではこれまでと異なり、三本先取で勝負が決まります。最後の栄冠はGunda選手か、それともLava選手か!?折りしも会場は夜の帳が下りて来ており、灯火に映し出された風景が臨場感を増しております。


UO(090131-234609-16).jpg


一本目は勢いに乗るLava選手が先制。まずは一歩リードです。


UO(090131-234751-18).jpg


しかし、Gunda選手も、すぐに二本目を取り返します。予選会で勝利した相手には、負けられないとの想いがあるのでしょうか。


UO(090131-234902-20).jpg


しかし、再びLava選手が三本目を取り、優勝に王手を掛けます。Lava選手は、雪辱なるのか!?


UO(090131-234953-21).jpg


予選会で勝った相手にこれ以上負けられないGunda選手、四本目を取り返してイーブンに戻します。両者共に二対二、泣いても笑っても、最後の対決です!!


UO(090131-235038-23).jpg


運命の最終戦は、Lava選手の槍がGunda選手を捉えました!!
優勝は、Lava選手です!!


UO(090131-235058-25).jpg


【表彰式】


すべての順位が決定した所で、表彰式に移ります。


UO(090131-235506-26).jpg


4位 ciel


優勝候補最右翼のciel選手でしたが、まさかの4位。とはいえ、上位入賞はさすがです。
ciel選手には、賞金の100,000GPと記念のランスが贈られました。


UO(090131-235814-28).jpg


3位 Bulk-C


Gunda選手以外には圧倒的な強さを見せ付けたBulk-C選手、堂々の3位入賞です。
Bulk-C選手には、賞金200,000GPと記念のランスが贈られました。


UO(090201-000036-32).jpg


2位 Gunda(&Hu)


惜しくも決勝戦で敗れたGunda選手が2位です。
「馬をもっとかわいがって!」との言葉は、会場の皆様にも通じたようです。
Gunda選手には、賞金300,000GPと記念のランスが贈られます。


UO(090201-000541-38).jpg


優勝 Lava

Lava選手は、予選会で敗北の後、運営メンバーによる推薦によって敗者復活、
一回戦ではClare選手の攻撃により、わき腹を負傷、
準決勝では優勝候補筆頭のciel選手相手に僅差ながら勝利、
決勝戦では、予選会で敗れた相手に逆転勝利と、
まさに劇的な戦いの連続で、優勝を勝ち取りました!!
優勝者のLava選手には、賞金400,000GPと記念のランスが贈られます。
ちなみに優勝者のランスのみ、verite runic hummerで作成された、
超高級品となっております。


以上をもって、† 黒槍杯 †は閉会を……


UO(090201-000704-40).jpg


ここで、これまで主賓席に座り沈黙を守ってきた漆黒騎士団参謀のCharlie氏が、審判を務めていた伊東一刀斎先生に、優勝者への挑戦を命じました!伊東先生も手に汗握る戦いに自らの血を抑えられなくなったのか、Lava選手に対戦を申し込みます。
これにLava選手も快諾し、急遽エキシビジョンマッチが開催される事となりました。


【エキシビジョンマッチ】



UO(090201-000905-43).jpg


Lava vs Ito Ittousai


ちなみに伊東先生は、単騎でクリムゾンドラゴンをはじめとする数々のボスを倒してきた、出雲最強クラスの剣士です。今回はあくまで馬上槍試合なので、その戦闘力に制限はかかっているはずですが、それでも並の力量の選手ではありません。この規格外の巨人に対し、Lava選手はどう立ち向かうのか!?


UO(090201-000955-44).jpg


一本目は会場の圧倒的な声援を背に、Lava選手が先制。勢いという意味では、圧倒的にLava選手に分があります。


UO(090201-001038-46).jpg


二本目は相打ちにより、両者にポイントが加算。Lava選手はこれでリーチが掛かりました。


UO(090201-001151-50).jpg


しかし、さすが伊東先生。すかさず三本目を取り返し、巻き返します。


UO(090201-001254-53).jpg


運命の四本目は、伊東先生に軍配が上がりました。敗れたとはいえLava選手、何ら恥じる事はありません。


UO(090201-001804-59).jpg


以上をもちまして、† 黒槍杯 †は完全に終了しました。最後に全出場選手とApricotjamさんが整列し、閉会の挨拶を述べました。
出場下さいました皆様、ならびにご来場頂きました皆様、さらに影に日向に様々な支援をして下さった皆様には、心よりお礼を申し上げます。素晴らしいイベントになったのは、すべてたくさんの方々のご協力があったからこそです。ありがとうございました。


UO(090201-005058-67).jpg


試合終了後は、有志の方々を招いての打ち上げ会となりました。
「優勝賞金は、すべて酒代にして皆に振舞うぜ!」
と宣言していたLava選手、有限実行で酒を大盤振る舞いでした。
中央に特設の席を用意され、酒を大量に積み上げて、ご満悦でした。












スポンサーサイト
別窓 | イベントレポート(双月亭主催) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<臨時休業のお知らせ | 文芸酒場 双月亭 | † 黒槍杯 † 本選レポート(準決勝、三位決定戦)>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 文芸酒場 双月亭 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。